日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

今季初のホオジロハクセキレイと沖縄的珍鳥のヒバリ

2020年10月29日(旧暦では2020年9月13日)

ツメナガセキレイやキセキレイの渡りはとっくに終わり、すでに越冬体制に入っていますが、 ハクセキレイは先日、やっと姿を現し出しました 。亜種ホオジロハクセキレイは今季初確認となりました。

田んぼを走っていると見慣れない鳥を発見。双眼鏡で見てみるとヒバリ属のなにか。写真を撮って拡大してみるとヒバリでした。沖縄ではヒバリの飛来は非常に少なく、数年に1度ぐらいの出会いです。本土のヒバリとは雰囲気が違う大陸の亜種がやってきている可能性もあります。

石垣島では二期米の収穫が始まり、稲刈り中の田んぼにはカンムリワシが集まって観察しやすくなっています。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

ホオジロハクセキレイ

ホオジロハクセキレイのオス成鳥。

ホオジロハクセキレイ

ホオジロハクセキレイの正面から。

ヒバリ

沖縄、八重山的珍鳥のヒバリ。

ヒバリ

後ろからも。ヒバリ幼羽。

ヒバリ

見つけた時はこんな状態でしたが、警戒心は強くありませんでした。

カンムリワシ

カンムリワシのオス成鳥。

カンムリワシ

こちらもオス個体かな。

カンムリワシ

右足に赤い足輪が見えます。2009年に救護された「キッキ」です。メス個体。