日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

セキレイ科とヒバリ科

2020年11月21日(旧暦では2020年10月7日)

田んぼには先日より、セキレイの仲間の群れとヒバリの群れが越冬中でにぎやかです。

セキレイ科ではセキレイ属のホオジロハクセキレイとハクセキレイとツメナガセキレイ、タヒバリ属はムネアカタヒバリとタヒバリが合わせて50羽程度逗留中です。

ヒバリは10日前から滞在 していますが、この日は少し数を減らしていました。亜種としてオオヒバリ、カラフトチュウヒバリが飛来する可能性もありますが、形態からの識別方法は確立されていないようです。鳴き声(フライトコール)は前出の記事にあります。

群れとなって一緒に移動するのですが、それぞれの種は完全には交ざらず、ある程度種ごとに集まって採餌していました。

夕方になるとリュウキュウヨシゴイが目の前に出てきました。

ホオジロハクセキレイ

ホオジロハクセキレイ第1回冬羽。

ホオジロハクセキレイ

上と同個体を正面から。

ホオジロハクセキレイ

ホオジロハクセキレイのメス第1回冬羽と思われますが、ホオジロハクセキレイ、シベリアハクセキレイ、ニシシベリアハクセキレイの第1回冬羽の識別は難しいですね。

ツメナガセキレイ

(キマユ)ツメナガセキレイの第1回冬羽。

ハクセキレイ

ハクセキレイ第1回冬羽。

ムネアカタヒバリ

ムネアカタヒバリ成鳥。夏羽から冬羽へ換羽中。

タヒバリ

タヒバリ冬羽。

ヒバリ

ヒバリ第1回冬羽。

ヒバリ

上とは別の個体。ヒバリ第1回冬羽。

リュウキュウヨシゴイ

夕方、目の前に現れたリュウキュウヨシゴイの幼鳥。