日々の記録。主に沖縄本島、石垣島の野鳥や自然を写真で紹介

2021年3月4日(旧暦では2021年1月21日)

石垣島のヤツガシラのシーズンが始まりました。きょうは仕事帰りにヤツガシラの鉄板ポイントへ寄り道。現場に到着して10分ほどで発見しました。芝生をつつきながらゴキブリの次から次に捕まえては口の中へ放り込んでいました。

コハクチョウはまだ滞在中。田植えが終わった田んぼを歩き回っています。農家の人に「苗は大丈夫?」と尋ねたら「食われるし踏まれる」とのこと。でも仕方ないので追い出すようなことはしないそうです。優しい農家のおじさんでした。^^

越冬ジョウビタキは渡って行ったのか数を減らしています。メスが少し残っている程度です。

ヤツガシラ

小さな花が咲く芝生を歩き回りながら餌を探すヤツガシラ。

ヤツガシラ

警戒心ゆるゆる個体のヤツガシラで数メートルほどまで近づいてきました。

ヤツガシラ

カラスに驚いて冠羽を広げる。

ヤツガシラ

急斜面の岩を止まり木にしていました。

ヤツガシラ

ゴキブリを放り投げてパクッ。

ヤツガシラ

紫色のリュウキュウコスミレや黄色の花に囲まれて春らしいヤツガシラでした。

コハクチョウ

1月から滞在しているコハクチョウ。顔は成鳥と変わらないほどに成長しました。

シマアカモズ

イナゴを捕まえたシマアカモズのオス成鳥。越冬個体で昨年末から同じ田んぼを縄張りにしています。

ジョウビタキ

ジョウビタキのオスは繁殖地へ渡ったのかほとんど見えなくなり、残るはメスばかり。

Category:野鳥
2021年2月26日(旧暦では2021年1月15日)

いろいろ忙しくてほとんど鳥見に行けません…。移動中に見た鳥を撮るのが精一杯です。

春の渡りが本格化するまでには、なんとか時間を作りたいですね…。^^;

カンムリワシ

農地のカンムリワシ。

ハチジョウツグミ

越冬中の愛想のいいハチジョウツグミ。

ハチジョウツグミ

上と同個体。芝生の緑をバックに。

サシバ

こちらも愛想のいいサシバ幼鳥。

ムネアカタヒバリ

田んぼにムネアカタヒバリ。古い米を拾っていました。ほかにもタヒバリ、ハクセキレイ、ツメナガセキレイが群れています。

ムラサキサギ

ムラサキサギ成鳥。繁殖羽が見え始めています。

Category:野鳥
2021年2月23日(旧暦では2021年1月12日)

そろそろ渡ってしまうので久しぶりに越冬中のハチジョウツグミを見てきました。相変わらずの警戒心のなさでした。

アカガシラサギはここ数日で複数羽を確認しましたが、どれも警戒心が強い。この個体は比較的落ち着いて観察できました。

カンムリワシの幼鳥を田んぼで確認。 一昨日の個体 とは別のようです。

ハチジョウツグミ

ハチジョウツグミ第1回冬羽。雌雄はハチジョウツグミの場合、よく分かりません。

ハチジョウツグミ

後ろからハチジョウツグミ。越冬中は全く移動することなく、狭い範囲で活動しています。

ハチジョウツグミ

散歩の人が通り、驚いて枝に逃げました。

アカガシラサギ

ヤゴを捕まえたアカガシラサギ。

アカガシラサギ

アカガシラサギは畔沿いを歩きながら獲物を探していました。

カンムリワシ

カンムリワシの幼鳥は田植え作業中の田んぼで餌探し。

チュウダイサギ

チュウダイサギは小さな水生昆虫を捕まえていました。あまりに小さな獲物なので何を食っているのかは不明。

Category:野鳥
2021年2月20日(旧暦では2021年1月9日)

昨年の12月中旬から越冬中のオオノスリ に久しぶりに遭遇。相変わらずでかくてかっこいいですね。警戒心が強めなので遠いです。^^;

同じく、 昨年の11月から越冬中のチュウヒ もオオノスリの近くで会えました。チュウヒは島内を広範囲に移動しており、自宅前のサトウキビ畑にもやってきます。

今年の1月から滞在しているコハクチョウ は少し大人びてきました。田植えがあちこちで始まり、落ち着きなく田んぼを転々としています。そろそろ北帰行でしょうか。

カンムリワシの幼鳥は、生まれて初めての試練の冬を無事に越しつつあります。成鳥に追われるので場所を転々とし、餌も生命を維持するぎりぎりしか取れていない感じですがなんとかやっているようです。

海岸には 先日からツクシガモとソリハシセイタカシギが滞在中 。仲は良くないようですが、付かず離れず同じ場所にいます。

オオノスリ

オオノスリはオオバンをよく襲うようです。

チュウヒ

走行中に見つけたチュウヒ。高々と舞い上がっていました。そろそろ渡っていくのでしょうか。

コハクチョウ

飛来当初に比べるとくちばしの黄色が濃くなってきて成長がうかがえます。

カンムリワシ

カンムリワシの幼鳥は常に空腹状態のようでつらそうです。目に光がありません。

ツクシガモ

海岸で滞在中のツクシガモ。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

ソリハシセイタカシギ第1回冬羽。上のツクシガモと同じ場所にいますが、近づきすぎると噛みつかれています。

Category:野鳥
2021年2月19日(旧暦では2021年1月8日)

野鳥の世界では春の渡りが始まったようです。田んぼにはコホオアカの群れ。牧草地ではシマアカモズがいっきに増えて多いところでは同じエリアに5羽ほどいました。

今春初のクロハラアジサシも確認。単独での飛来。

サシバも北上が始まっているようで数羽のタカ柱ができたりしていました。

ムナグロも北上組が到着したようで、渡りの途中、休憩に立ち寄ったと思われる群れがサトウキビ畑で休んでいました。

コホオアカ

夏羽に変わりつつあるコホオアカ。

コホオアカ

コホオアカは同じ田んぼに20羽ほどがいました。

コホオアカ

落ちた米かなにかをついばんでいます。

シマアカモズ

シマアカモズは石垣島での越冬組に加えて北上組がやってきたようでかなり数が増えました。

クロハラアジサシ

まだまだ冬羽ですが今春初のクロハラアジサシ。

クロハラアジサシ

田んぼの上を飛びながら代かきで浮いてきた水生昆虫を捕まえていました。

サシバ

上空を気にするサシバの幼鳥。高空を仲間が渡っているのかもしれません。

ムナグロ

渡ってきたばかりと思われるムナグロの群れ。一様に疲れた様子でした。

ムナグロ

ムナグロ第1回冬羽。

コチドリ

越冬しているコチドリは夏羽に変わった個体も多くいます。

アオアシシギ

アオアシシギはまだまだ冬羽。

カンムリワシ

カンムリワシは繁殖シーズン序盤で活動が活発になっています。

Category:野鳥