日々の記録。主に沖縄本島、石垣島の野鳥や自然を写真で紹介

2020年7月14日(旧暦では2020年5月24日)

仕事中、師匠から電話。なんと私がほぼ毎晩、観察しているリュウキュウコノハズクのヒナのうち、1羽が地面に落下していると!! 巣の場所が高くて戻せないと言うことなので慌てて飛んで行きました。

見つけた時は、カラスに今にも襲われるというところで危機一髪、助かったようです。問題の樹洞の入り口が高く、手が届きません。スポッターさんもかけつけ、脚立を出してなんとか巣へ戻すことができました。

親鳥は近くにいるので、いつ襲いかかってくるかと怯えながらの救出劇でした。^^;

近くには、アカショウビンの巣立ちビナ。昼間、待っていれば給餌も見られると思いますが、平日は仕事、休日は家族サービスがあるので無理ですね…。^^;

リュウキュウコノハズク

まだまだ綿毛が多く、巣立つには1週間程度かかると思われます。脚立などを準備している間に記録として撮らせてもらいました。

リュウキュウコノハズク

34度まで気温が上がった石垣島。コノハズクのヒナも暑さに口を開いています。

リュウキュウアカショウビン

巣立って数日のアカショウビン。まだ、親鳥から給餌を受けていますが、間も無く独り立ちするでしょう。

Category:野鳥
2020年7月14日(旧暦では2020年5月24日)

石垣島は、今年最高となる34度を記録しました。波照間島は34.5度。暑くて死にそうです…。^^;

そんな中、海岸でシギチやアジサシを見てきたのですが、熱中症になりそうなので早々に引き上げてきました。

メタルリング付きのベニアジサシがいたので番号を読みたいところですが、空気が揺らぐし暑さで集中力がもたないので難しいですね。フラッグとメタルリング付きのキアシシギもいたそうです。

エリグロアジサシ

エリグロアジサシのコロニー。今年は台風が来ていないので順調です。

ベニアジサシ / 足環・フラッグ付き

ベニアジサシ。右足にメタルリングが装着されていますが読めませんでした。

コアジサシ

エリグロアジサシやベニアジサシと比べると数は少ないですがコアジサシも繁殖しています。

エリグロアジサシ

暑いのでエリグロアジサシたちも水浴び。

メダイチドリ

飛ぶメダイチドリ。

キョウジョシギ

キョウジョシギの飛翔。尾羽がボロボロで初列風切は換羽中。P5が伸長中ですね。

オオメダイチドリ

オオメダイチドリは近かったけど逆光…。

キアシシギ

フラッグ付きのキアシシギは探し出せず。

メダイチドリ

カニを捕まえたメダイチドリ。

メダイチドリ

メダイチドリはカニを狙って砂浜を走り回っていました。

シロチドリ

シロチドリは石垣島でも繁殖しています。

トウネン

トウネンはほぼ冬羽。

アオアシシギ

アオアシシギはまだまだ夏羽が残っていますが、冬羽へ衣替え中です。

クロサギ

目の前に降りたクロサギ。

Category:野鳥
2020年7月14日(旧暦では2020年5月24日)

知り合いのオジーから「ウミガメが孵化するぞ」と連絡があったので、夕方、家族でアオウミガメのハッチアウトを見てきました。3歳の息子は大喜び、0歳の娘はきょとんとしていた。^^

午後2時からハッチアウトが始まっているそうで砂浜には無数の子亀の足跡。現場について、30分ほどの間に3匹が元気に海へ帰って行きました。深夜にかけてまだまだ出てくると言うことでした。

ウミガメの子どもは孵化後数時間はエネルギーが爆発してそのタイミングで海に帰らないといけないそうです。そのような事情で、昔、流行っていた子亀の放流イベントは現在は禁止だそうです。

ウミガメ(アオウミガメ、アカウミガメ)

砂から出てきたばかりのアオウミガメ。元気がないのかなと思ったのも束の間、何かに覚醒すると一気に海へ向かって行きました。

ウミガメ(アオウミガメ、アカウミガメ)

息子は応援に力が入るあまり、規制線を乗り越えて母親に静止されています。^^;

ウミガメ(アオウミガメ、アカウミガメ)

波打ち際に到着。あっという間に海に消えて行きました。

2020年7月7日(二十四節気の小暑、旧暦では2020年5月17日)

近所の海岸と田んぼで秋の渡りチェック。7月ともなれば、渡り鳥の世界ではすでに秋の移動が始まっています。楽しい季節がやってきましたね!!

海岸では、ツバメチドリやメダイチドリ、シロチドリ、トウネン、イソシギ、ソリハシシギが田んぼでは、タカブシギやヒバリシギ、アオアシシギ、アカアシシギ、コチドリが長旅で疲れた体を休めていました。

また、海岸や岩礁ではベニアジサシやエリグロアジサシ、コアジサシが繁殖しており大変賑やかです。

ツバメチドリ

ツバメチドリ幼羽から第1回冬羽へ換羽中。河口に水浴びに来ていました。石垣島でもツバメチドリは繁殖しており、おそらく、この個体も石垣島で生まれたものと思われます。

ツバメチドリ

海をバックに飛ぶ、ツバメチドリ成鳥。冬羽への換羽が始まっています。

メダイチドリ

オオメダイチドリ冬羽へ。

メダイチドリ

上とは違う個体のオオメダイチドリ。

トウネン

トウネンは25羽の群れが河口に集まっていた。

ソリハシシギ

ソリハシシギは数羽が水浴びをしたり、獲物を捕まえたりしていた。

シロチドリ

シロチドリのメス。

コチドリ

コチドリのオス。コチドリは結構な数が入っています。

タカブシギ

タカブシギ成鳥。ピカピカの幼鳥が来るのはまだ先です。^^

タカブシギ

タカブシギは田んぼに15羽ほど入りました。

ヒバリシギ

ヒバリシギ成鳥。長旅で羽が擦れていますね。

アオアシシギ

アオアシシギは2カ所合わせて6羽。夏羽から冬羽へ変わりつつあります。

アカアシシギ

単独でやってきてアオアシシギの群れの近くにいたアカアシシギ。

イソシギ

いつも単独のイソシギ。渡りも単独なのかな?

ベニアジサシ

ベニアジサシが営巣する岩礁。写真には20羽ほど写っています。

エリグロアジサシ

砂浜に降りたエリグロアジサシ。

エリグロアジサシ / クロサギ

なぜか繁殖中のクロサギを執拗に攻撃するエリグロアジサシ。

コアジサシ / シロチドリ / メダイチドリ

左からオオメダイチドリ、コアジサシ、シロチドリの大きさ比べ。

コアジサシ

コアジサシも数羽が海岸沿いを訪れていました。もう巣立ってもいいころなので、近いうちにヒナを連れてくることでしょう。

Category:野鳥
2020年7月7日(二十四節気の小暑、旧暦では2020年5月17日)

リュウキュウアオバズクが2日に分けて巣立ちました。家族で並ぶシーンはありませんでしたが、可愛らしいヒナを撮影できました。リュウキュウコノハズクも各所で順調に子育て中で今か今かと楽しみにしています。

イシガキヒヨドリも子育て中のようでバッタを捕まえて巣へ運んでいました。

ムラサキサギも子育て中のはずですが、今年は繁殖が観察できず…。

リュウキュウアオバズク

1番目の子は前日に巣立ったアオバズク。今年も数カ所で観察していますが、巣立ちビナが見られたのは今季初。

リュウキュウアオバズク

少し離れたところからわが子を見守る親鳥。

リュウキュウコノハズク

最近、巣穴から顔をのぞかせるようになったコノハズクのメス。ヒナがだんだん大きくなって室が狭くなってきているのでしょう。

リュウキュウコノハズク

近くで巣を見張るコノハズクのオス。上の個体とペア。やっと昼間にいる場所が分かりました。^^

リュウキュウコノハズク

上とは別のペア。メス個体。

リュウキュウコノハズク

上の個体とペアのオス。子育てに疲れてボロボロです。^^;

イシガキヒヨドリ

バッタを捕まえた子育て中のヒヨドリ。この後、巣へ運んで行きました。

ムラサキサギ

牧草地のムラサキサギ。若い個体かもしれません。

Category:野鳥