日々の記録。主に沖縄本島、石垣島の野鳥や自然を写真で紹介

2020年4月7日(旧暦では2020年3月15日)

今季、初めてとなるチュウジシギを確認しました。合わせて15羽ほど。チュウジシギとハリオシギはタシギの渡りより遅く、4月に入ってからです。

3月初旬に渡りの第1波があったタシギは4月に入って第2波が来たようで、こちらも十数羽確認できました。

チュウジシギ

畔にチュウジシギ。今季初確認の個体。

チュウジシギ

こちらもチュウジシギ。

タシギ

タシギ。雨覆がかなり擦り切れています。第1回夏羽かな?

タシギ

両者タシギ。左は上と同一個体。

チュウジシギ

正面からしか観察できませんでしたが、おそらくチュウジシギ。

タシギ

タシギ。羽繕いの後、翼か尾羽を広げてくれることを期待しましたがかなわず…。

チュウジシギ

一瞬、ハリオシギに見えたけどチュウジシギでした。

Category:野鳥
2020年4月7日(旧暦では2020年3月15日)

小雨の降る中、近所の田んぼを見回ってきました。

美しいリュウキュウヨシゴイの成鳥夏羽やアカガシラサギの夏羽、赤く染まったムネアカタヒバリ、ぐぜるハクセキレイ、婚姻色のセイタカシギ、夏羽がすこし見えだしたオジロトウネンなど季節の移ろいを感じさせる野鳥たちに出会えました。^^

リュウキュウヨシゴイ

リュウキュウヨシゴイ成鳥オスの夏羽。

アカガシラサギ

アカガシラサギもすっかり夏羽。今季は出会う機会が多いです。

ムネアカタヒバリ

美しい夏羽に変わったムネアカタヒバリ。

ハクセキレイ

夏羽に衣替えしたハクセキレイのオスは時折、ぐぜっていました。

ムネアカタヒバリ

緑の影からムネアカタヒバリ。

セイタカシギ

胸が薄ピンクの婚姻色に染まったセイタカシギのオス。

オジロトウネン

オジロトウネンは換羽が遅いので夏羽を見る機会は少ないのですが、少しだけ見せてくれました。

シロハラクイナ

草の実をついばむシロハラクイナ。

セッカ

婚姻色に変わりつつあるセッカのオス。

ムネアカタヒバリ

こちらのムネアカタヒバリは絶賛換羽中。

Category:野鳥
2020年4月4日(二十四節気の清明、旧暦では2020年3月12日)

台湾で標識を付けられたと思われるセイタカシギが石垣島に飛来しました。

左足の青いフラッグには「MH」右足のメタルリングには「P.O. BOX 96-216 TAIPEI M01093」と刻印してあります。

2017年秋、沖縄本島の金武で見つけた標識付きのセイタカシギ の番号は「P.O. BOX 96-216 TAIPEI M01040」で今回の番号と非常に近いです。

沖縄本島の記録は、海外で標識を付けられたセイタカシギの国内初記録で、2015年11月16日に台湾の Lan-Yan River, I-Lan County で放鳥された個体した。今回の記録は国内2例目となるのか? 記録を報告した山階鳥類研究所からの連絡が楽しみです。^^

セイタカシギ / 足環・フラッグ付き

セイタカシギ十数羽の群れとツルシギ2、コアオアシシギ3などと一緒に田んぼで採餌していた。

セイタカシギ / 足環・フラッグ付き

メタルリングには「P.O. BOX 96-216 TAIPEI M01093」と刻印されている。

Category:野鳥
2020年4月4日(二十四節気の清明、旧暦では2020年3月12日)

石垣島の鳥たちがにぎやかになってきました。春の渡り第2波がやってきたようです。

私は見に行っていませんが、現在、石垣島ではヤツガシラ、クロウタドリ、キガシラセキレイ、シマアオジなどいい鳥がたくさん出ていますよ。 シマアジはどさっと14羽 入りました。石垣島ナンバーワン野鳥ガイドの スポッター さんは新型コロナウイルスの影響で今なら予約取りやすいですよ!!

田んぼには、ツルシギ、セイタカシギ、オジロトウネン、アオアシシギ、コアオアシシギ、タカブシギ、ケリのほか、越冬しているムネアカタヒバリやアマサギなどが美しい夏羽に変わっています。

ツルシギ

先日から滞在中のツルシギ2羽 。成鳥冬羽と右は第1回冬羽。

ツルシギ

ツルシギは比較的、遠いのですが、この時は近くまで寄ってきた。

ツルシギ

上とは、別個体のパタパタ。

コアオアシシギ

第1回冬羽から夏羽に変わりつつあるコアオアシシギ。

コアオアシシギ

こちらも同じく。

アオアシシギ

アオアシシギ第1回夏羽へ。

タカブシギ

タカブシギがカエルを食っていた。

タカブシギ

タカブシギ夏羽。

オジロトウネン

オジロトウネン成鳥。

オジロトウネン

上と別個体。こちらも成鳥。

セイタカシギ

セイタカシギのオス同士のバトル。

ケリ

八重山では珍鳥のケリ。

ムネアカタヒバリ

越冬個体のムネアカタヒバリもすっかり色づいた。

アマサギ

アマサギも夏羽に変わりつつある個体が増えてきました。

Category:野鳥
2020年4月4日(二十四節気の清明、旧暦では2020年3月12日)

八重山の春の渡りのカモといえば、シマアジ。今日は、2カ所で合わせて14羽が確認できました。オスは生殖羽にすっかり変わり、それぞれがペアになっているようでした。

シマアジの中に、季節外れのハシビロガモが1羽混じっていた。

シマアジ

田んぼのシマアジ。警戒心が強く、見つけた時は顔だけが草むらから出ているだけでしたが、しばらく待つと全身を見せてくれました。^^

シマアジ

手前のメスはまだ生殖羽に変わっていないように見えます。

シマアジ

シマアジのオスと両サイドはメス。

シマアジ / ハシビロガモ

シマアジの群れに1羽だけ混じっていたハシビロガモのメス幼羽。

Category:野鳥