日々の記録。主に沖縄本島、石垣島の野鳥や自然を写真で紹介

2021年9月23日(二十四節気の秋分、旧暦では2021年8月17日)

秋の渡りが盛り上がってきている石垣島。

数日前のベニバト5羽 は滞在中。キリアイはたまに姿を消したりしながらも継続的に見られています。ハリオシギは数を増減しながらエリアもその時々で変わりますが、結構な数が逗留中です。チュウジシギ、タシギも順調に数を増やし、ジシギ天国となっています。サルハマシギは幼鳥3羽が飛来。アカアシシギやコアオアシシギは幼鳥が目立ち、ヒバリシギ、タカブシギは嫌になるほどいます。

台風後、島にやってきたハジロクロハラアジサシは3カ所で4羽が残っています。大量に入ったクロハラアジサシは数を減らしていますが、一部が滞在中。

今季はジャワアカガシラサギが多いのですが、アカガシラサギもぽつぽつと入っています。

ベニバト

ベニバト幼鳥オス。幼羽から第1回冬羽へ移行中。

キリアイ

夕方に見つけたキリアイ幼鳥。

ハリオシギ

ハリオシギ幼鳥。

ハリオシギ

上と同個体。

チュウジシギ

チュウジシギ幼鳥。

シベリアツメナガセキレイ

シベリアツメナガセキレイがマミジロツメナガセキレイの群れに1羽だけまじっていました。

ハジロクロハラアジサシ

ハジロクロハラアジサシ冬羽。

ハジロクロハラアジサシ

ハジロクロハラアジサシ幼鳥。

ハジロクロハラアジサシ

上と同個体。ハジロクロハラアジサシの特徴が見てとれます。

クロハラアジサシ

クロハラアジサシ成鳥。夏羽から冬羽へ。

アカガシラサギ

アカガシラサギ第1回冬羽。

アカガシラサギ

上と同個体。見つけた時は土砂降りで視界が悪く、ジャワかと思いましたがアカガシラサギでした。

サルハマシギ

サルハマシギ幼鳥。幼羽から第1回冬羽へ。

コアオアシシギ

コアオアシシギ幼鳥。第1回冬羽へ換羽中。

ヒバリシギ

ヒバリシギ夏羽後期。

トウネン

トウネン冬羽へ換羽中。

オオメダイチドリ

オオメダイチドリ幼鳥。

ヒバリシギ

ヒバリシギ冬羽。

ハマシギ

ハマシギ成鳥。夏羽から冬羽へ。

アカアシシギ

アカアシシギ幼鳥。 アカアシシギの幼鳥は7月27日に初認 していますが、まだまだ幼鳥が飛来します。

Category:野鳥
2021年9月21日(旧暦では2021年8月15日)

石垣島のアカショウビンはほとんど越冬地に渡ってしまったのですが、今年生まれの幼鳥は,、まだ少数が残っています。

ハイイロオウチュウの情報をもらい北部に出向きましたが、残念ながら見られず。ブッポウソウはあちこちの電線で確認できました。

カンムリワシの幼鳥は9月の中旬を過ぎると多く確認できるようになりました。

アカハラダカは600以上が通過。今後、ピークを迎えます。

リュウキュウアカショウビン

残っているのは幼鳥がほとんどです。アカショウビン幼鳥。幼羽から第1回冬羽へ換羽が進行中。

ブッポウソウ

今季は非常に出現の多いブッポウソウ。こちらは幼鳥ですが、成鳥幼鳥合わせて10羽近くが確認されています。ブッポウソウは野生生物保護の少ない成功事例と言われているのでそれもひとつの要因かもしれませんね。

カンムリワシ

9月になって増えてきたカンムリワシ幼鳥。

カンムリワシ

上とは別個体。今季、6個体目のカンムリワシ幼鳥。

アカハラダカ

アカハラダカの南下。子連れで観察に行ったので写真はほとんど撮れず…。

Category:野鳥
2021年9月19日(旧暦では2021年8月13日)

ベニバト5羽やジャワアカガシラサギ、カタグロトビ2羽、ハシグロクロハラアジサシ4羽、サルハマシギ幼鳥3羽、今季4羽目の確認となるカンムリワシ幼鳥など家族4人でのバードウオッチングにしては色々見られました。ただ、子どもがいるとジシギは騒がしくてやれませんね…。^^;

そしてコシジロウズラシギの可能性のある個体もいました。写真は撮れたのですが、子連れない上に土砂降りではっきりとは確認できず。^^; 暫定コシジロウズラシギとしておきます。

シマアカモズは増えてきてあちこちにいます。ハマシギも10羽近い数が飛来していました。シマアカモズは住宅街から農地まで鳴き声が聞こえてきます。アカショウビンは2羽確認しました。

昨日、取り逃したイワミセキレイはきょうは2羽目も出たのですが、やはり撮れず。先日のヤツガシラはブッポウソウ、トケン類と合わせて明日、チャレンジしてきますが、土日は子連れなのでどうなることやら…。

ベニバト

ベニバトの成鳥オス。

ベニバト

ベニバトの成鳥メス。

ベニバト

ベニバトの幼鳥オス。幼羽から第1回冬羽へ換羽中。

ベニバト

ギンネムに止まるベニバト。下から2羽目もベニバトの幼鳥オスで第1回冬羽へ換羽中です。上の写真の個体よりも換羽が進んでいますね。

ベニバト

自販機で妻がジュースを買っていたら小さなハト5羽が目の前の電線に。双眼鏡で覗いてみるとベニバト5羽でした。

ジャワアカガシラサギ

ジャワアカガシラサギ第1回冬羽。

ジャワアカガシラサギ

警戒心は弱い個体でした。

ジャワアカガシラサギ

しばらくするとどこかへ飛んで行きました。

カンムリワシ

今季、島内で4羽目の確認となったカンムリワシの幼鳥。警戒心の薄い個体でした。

カタグロトビ

電線に止まるカタグロトビ。幼羽が初列風切や初列雨覆に残っており、虹彩も赤みが弱い若い個体です。

サルハマシギ

今季初確認のサルハマシギ幼鳥。

ハジロクロハラアジサシ

ハジロクロハラアジサシの幼鳥(左)と成鳥。

ハジロクロハラアジサシ

ハジロクロハラアジサシ幼鳥。

クロハラアジサシ / ハジロクロハラアジサシ

クロハラアジサシ(中)とハジロクロハラアジサシ。クロハラアジサシの群れの中に紛れていてもあの飛び方で簡単に識別できます。並べると体型も違いますね。

コシジロウズラシギ

ヨーロッパトウネンにしては手前のハマシギと比べて大きすぎるような…。ヒメハマシギなども考えられたのですが、日本で数例しか記録のないコシジロウズラシギの線が濃厚になってきました。現在検討中。後日、別記事に仕立てます。

トウネン

トウネン幼鳥。

スズメ

赤褐色が強いスズメ幼鳥。 3カ月前のド派手な赤褐色のスズメ も同じ群れにいたので、その子孫かもしれませんね。なんらかの自然淘汰、選択が働いてリュウキュウキジバトのように赤褐色の個体群が形成されたら面白いですね。その時はイシガキシジュウカラにならって、イシガキスズメと呼ぶことを提唱しておきます。^^

スズメ

バフ変のスズメ幼鳥。

シマアカモズ

シマアカモズ幼鳥。

Category:野鳥
2021年9月19日(旧暦では2021年8月13日)

今季初のエゾビタキ確認しました。あちこちにぽつぽつと入っています。

ムナグロは幼鳥を今季、やっとの初確認。成鳥が来てから長かった…。

ハリオシギは滞在中でチュウジシギは結構な数が逗留中。タシギもどんどん増えています。

エゾビタキ

今季初となったエゾビタキ。幼鳥。

ハリオシギ

ハリオシギ幼鳥。

ハリオシギ

上と同個体。

チュウジシギ

チュウジシギは多いところでは一枚の田んぼに20羽近く滞在中。

トウネン

トウネン幼羽。

ヒバリシギ

ヒバリシギ成鳥冬羽。

マミジロツメナガセキレイ

マミジロツメナガセキレイ幼鳥。(キマユ)ツメナガセキレイの飛来はまだごくわずかです。

Category:野鳥
2021年9月18日(旧暦では2021年8月12日)

ハリオシギがここにきて再び増えました。ジシギ15羽の群れの中でハリオシギは5羽でした。ほかはチュウジシギ。すこし離れたエリアの田んぼではタシギが2羽。一番多い越冬組はタシギなのですが、まだ増えませんね。

ほかには、タカブシギやヒバリシギ、トウネン、セイタカシギ、ウズラシギ、コアオアシシギなどが滞在中です。クロハラアジサシやハジロクロハラアジサシもまだとどまっています。

イワミセキレイやヤツガシラ、アカハラダカ、ブッポウソウ、カッコウ、ツツドリなども飛来していますが、どれも写真は撮りにくいですね。^^; ジシギのかける時間を融通すれば多少は写真に収められたかもしれませんが…。

ハリオシギ

今季、一番赤みが強くて美しいハリオシギ幼鳥。

ハリオシギ

上と同個体。ハリオシギの針のような尾羽は細くて短いので伸びをした時に初列風切の隙間から見えますね。

ハリオシギ

上と同個体。

ハリオシギ

別個体のハリオシギ。こちらも幼鳥です。

ハリオシギ

これもまた別個体のハリオシギ幼鳥。

ハリオシギ

ハリオシギ第1回夏羽から第2回冬羽へ。

チュウジシギ

チュウジシギ幼鳥。

チュウジシギ

こちらもチュウジシギ幼鳥。

チュウジシギ

十数羽の群れの中で一番大きかった個体。チュウジシギだと思うけどでかすぎて違和感が…。^^;

チュウジシギ / ハリオシギ

情報量多すぎ…。^^;

ハリオシギ

ハリオシギ幼鳥。

チュウジシギ

チュウジシギ幼鳥。

ハリオシギ

両方ハリオシギ幼鳥。

ハリオシギ

まさかのハリオシギ。とても紛らわしい個体でした。^^;

ハリオシギ

ハリオシギ幼鳥。もうこの時期になると幼鳥しか残っていませんね。

ハリオシギ

ハリオシギ幼鳥。かわいらしい個体です。

タシギ

タシギ幼鳥。きょうの出会いは2個体だけでした。

アオアシシギ

アオアシシギ第1回夏羽から第2回冬羽へ。

コアオアシシギ

コアオアシシギ冬羽。

タカブシギ

タカブシギ幼鳥。

ウズラシギ

ウズラシギ夏羽後期。

ムナグロ

ムナグロ夏羽から冬羽へ。

トウネン

トウネン幼羽後期。

クロハラアジサシ

タウナギを食おうと格闘するクロハラアジサシ。

Category:野鳥