日々の記録。主に沖縄本島、石垣島の野鳥や自然を写真で紹介

2018年8月14日(旧暦では2018年7月4日)

ジシギの渡りも始まったようです。きょうは田んぼにチュウジシギが7羽入っていました。他にもシギ・チドリが渡ってきています。

チュウジシギ

今季初のチュウジシギ。

ジシギ

こちらもチュウジシギ? イソヒヨドリを威嚇してピョコピョコ跳ねたりしていたのがハリオっぽくもありましたが…。

チュウジシギ

畔で休んでいたチュウジシギ。

チュウジシギ

またまたチュウジシギ。

チュウジシギ

写真を撮れたのは5個体ですが、7個体の観察ができました。

Category:野鳥
2018年8月14日(旧暦では2018年7月4日)

現場では、ヨーロッパトウネンと思っていましたが、写真を見てみるとトウネンでした。残念。

トウネン

この個体は完全にヨーロッパトウネンと思っていましたが、トウネンですね。^^;

トウネン

これもヨーロッパトウネンっぽい個体。

トウネン

トウネン夏羽後期。

トウネン

トウネン夏羽から冬羽へ移行中。

トウネン

そうそう、この個体も現場ではヨーロッパトウネンに見えた。

Category:野鳥
2018年8月7日(二十四節気の立秋、旧暦では2018年6月26日)

きょうは、立秋。まだまだ暑いですが、近所のローソンでは、おでんの準備をしていました。

野鳥の世界でも秋の渡りが始まり出したようで、海岸にはオオメダイチドリやメダイチドリ、ツバメチドリ、ハマシギ、トウネンなどが数を増やしています。

フラッグを付けたキョウジョシギもいました。フラッグには「WBY」の文字、メタルリングには「TO WILD 2601 AUS 052-7289」と記されていました。オーストラリアはタスマニアで放鳥された個体です。Google Maps で沖縄からタスマニアまでの距離を測ってみたら約7800キロもありました!! 現在、詳細を山階鳥類研究所に問い合わせ中なので、詳しいことが分かり次第、追記します。

三角池には、越夏したクロツラヘラサギが6羽。「E24」と「V08」の足環をつけた個体もいました。E24は足指の付け根がまだ少し腫れているように見えました。

キョウジョシギ

フラッグ付きのキョウジョシギ夏羽後期オス。フラッグには「WBY」の文字。

キョウジョシギ

メタルリングを何枚か撮影して刻印を読んでみると「TO WILD 2601 AUS 052-7289」とあった。

ハマシギ

ハマシギは1羽だけ。夏羽後期。

オオメダイチドリ

オオメダイチドリ夏羽からほぼ冬羽に換羽。

トウネン

トウネン夏羽後期。

トウネン

トウネン冬羽へ。

ツバメチドリ

ツバメチドリ幼鳥。

ダイゼン

ダイゼンは1羽だけ。遠いのと暑くて陽炎が立つのでピントが合わない。^^;

ムナグロ

ムナグロは複数羽の群れ。干潟や田んぼでも見られるようになった。

メダイチドリ

メダイチドリ夏羽から冬羽。

ヒバリシギ

沖縄のシギと言えばヒバリシギなんですが、まだ数は少ないです。

タカブシギ

タカブシギ夏羽。タカブシギは田んぼや水路で数をどんどん増やしています。

シロチドリ

シロチドリは子育てを終えたようです。

コチドリ

コチドリ。夏羽後期に少し冬羽?

キアシシギ

キアシシギ夏羽後期。

クロツラヘラサギ

クロツラヘラサギの「V08」。

クロツラヘラサギ

「E24」も健在。春ごろ怪我したていた右足もほぼ治っているようです。

Category:野鳥
2018年8月2日(旧暦では2018年6月21日)

久しぶりにやんばるで夜探してきました。リュウキュウコノハズクの巣立ちがピークを迎えているようで7家族20羽の巣立ちビナを見つけることができました。ヒナたちはずいぶん大きくなり、自由に飛び回っていた。

リュウキュウオオコノハズクの餌場では、コノハズクとオオコノハズクのバトルが勃発。もちろんオオコノハズクが勝ち、コノハズクは退散しました。2羽同時に観察すると、図鑑などの数値で見るより大きさがずいぶん違いました。

ヤンバルクイナも7羽ほど確認。なぜか2羽は深夜0時ごろに連れ立って道路を横断していきました。何があったんだろう?

コノハズクのヒナたちは何時ごろまで起きているのか確認しようとある家族を観察していたのですが、あまりにも眠くなり2時ごろまでしか彼らが活動しているのを確認できませんでした。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

顔つきは成鳥と変わりませんが、まだまだ幼羽が目立ちます。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

親からオキナワキノボリトカゲをもらった。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

コノハズクの全長と変わらない大きさのキノボリトカゲだったので呑み込むのに苦労していた。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

2羽で親からのエサ待ち。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

こちらでも2羽で仲良く並んでいた。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

草むらで何かが動いているようでしばらく凝視していた。

オオコノハズク(亜種リュウキュウオオコノハズク)

オオコノハズクの餌場に行ってみるといつもの個体がゴキブリやセミの幼虫をとっていた。コノハズクやアオバズクより一足早く子育てが終わってるオオコノハズクは、すでに目の周りから換羽が始まっています。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

オオコノハズクの縄張りに入り込み追い払われていたコノハズクの成鳥。

ヤンバルクイナ

木の上で眠るヤンバルクイナ。同じ個体かどうか不明ですが、だいたい同じ木で寝ている。

リュウキュウカジカガエル

小雨が降っていたので、リュウキュウカジカガエルがあちこちで鳴いていた。

ホルストガエル

リュウキュウカジカガエルの次によくみるのがホルストガエルです。こちらはかなり大きくかっこいいカエルです。

サガリバナ

サガリバナも満開になりあたりに甘い香りを漂わせていた。

Category:野鳥
2018年8月2日(旧暦では2018年6月21日)

沖縄でもシギやチドリ、カモなどの秋の渡りが始まりました。

いつもの水路には全くいなかったシギ、チドリが田起こしたあとに雨水がたまった田んぼに大集合していました。タカブシギ50、コチドリ30、トウネン10、アオアシシギ10、コアオアシシギ3、セイタカシギ2です。

近くには渡ってきたカルガモが2羽いました。カモ渡りが始まるのはもう少しあとです。ツバメも数を増やし、電線に数えきれないほど止まっていました。多分、300羽ほど。留鳥のリュウキュウヒクイナは目の前を通過していったけど、イグサに阻まれてうまく写りませんでした。^^;

今年の春の渡りは沖縄は、石垣島なども含めて全く鳥がいませんでしたが、秋の渡りはなんとか楽しめそうな予感がします。

帰り道、海岸にはベニアジサシ数十羽の群れが休んでいた。エリグロアジサシも数羽。ソリハシシギが1羽とシロチドリが数羽いた。

コアオアシシギ

コアオアシシギ。夏羽から冬羽に移行中。

アオアシシギ

アオアシシギも冬羽から夏羽へ生え変わっている最中。

トウネン

トウネン成鳥。長旅で擦り切れみすぼらしくなった夏羽。

セイタカシギ

セイタカシギ成鳥オス。少しだけ冬羽が出ています。

タカブシギ

タカブシギはたくさんいた。

コチドリ

コチドリ。

カルガモ

カモの渡りで先陣を切ったのはカルガモ。

ツバメ(リュウキュウツバメ)

数百羽いたツバメ。

ヒクイナ(亜種リュウキュウヒクイナ)

リュウキュウヒクイナが目の前を横切った。

エリグロアジサシ / ベニアジサシ

沖の岩礁にはベニアジサシとエリグロアジサシが休んでいた。

Category:野鳥