日々の記録。主に沖縄本島、石垣島の野鳥や自然を写真で紹介

2019年8月21日(旧暦では2019年7月21日)

雨上がり、リュウキュウアカショウビンを求めて林道へと牧場へ。

林道ではペアの2羽。牧場では1羽確認できました。雨が降るとアカショウビンたちの活性が上がり探しやすいです。

アカショウビンのカップルは、子育てを終えても同じ縄張りで渡るまで過ごします。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

林道のアカショウビン。換羽と退色が進んでいます。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

アカショウビンは繁殖期最盛期に比べたらあまりさえずらないのですが、この個体は、たまにさえずっていた。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

バッタを捕まえた。マダラコオロギだろうか?

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

牧場のアカショウビン。こちらはさえずることはなく、時折、警戒鳴きをしていた。

Category:野鳥
2019年8月21日(旧暦では2019年7月21日)

ジャワアカガシラサギ2羽は元気に滞在中。たまに見えない時もあるのですが、どこからともなく現れたりします。同じ田んぼがお気に入りの模様。

秋の渡りのシギも増えてきました。ハリオシギは少ないですが、チュウジシギはたくさん。タシギはまだ現れません。

コアオアシシギが数羽にトウネンの小さな群れも入っていました。タカブシギは相変わらず多く、セイタカシギはフレッシュな幼鳥がお目見えしました。

どこの田んぼも賑やかになってきて楽しいですね。

ジャワアカガシラサギ

滞在1週間ほどになるジャワアカガシラサギ。

ジャワアカガシラサギ

田んぼの奥にいると意外と見つけにくいジャワアカガシラサギ。双眼鏡でしっかり探しましょう。

ハリオシギ

ハリオシギの幼鳥。

チュウジシギ

チュウジシギ成鳥。ミミズを捕まえた。

チュウジシギ

チュウジシギ幼鳥。

チュウジシギ

こちらもチュウジシギ幼鳥。

セイタカシギ

フレッシュな幼羽をまとったセイタカシギ。こんなの見つけるとラッキーな気分。^^

コアオアシシギ

コアオアシシギ成鳥ほぼ冬羽。

トウネン

トウネン成鳥夏羽後期。

ムラサキサギ

ムラサキサギ成鳥。

Category:野鳥
2019年8月18日(旧暦では2019年7月18日)

息子のリクエストでカンムリワシを探しに田んぼと林道へ。それぞれ、カラスに追われて茂みに逃げ込む幼鳥と成鳥を見ることができました。

田植えの終わったばかりの田んぼには、ハリオシギの幼鳥が飛来していました。この秋、初めてのハリオシギの幼鳥です。セイタカシギやタカブシギ、アオアシシギなども増えてきました。

林道ではリュウキュウキビタキのオスに出くわしました。

ほかには、ヒクイナ、アカショウビン幼鳥、リュウキュウヨシゴイ、ムラサキサギなど八重山らしい野鳥に遭遇。

ハリオシギ

ハリオシギの幼鳥。今季初です。

キビタキ(亜種リュウキュウキビタキ)

リュウキュウキビタキの成鳥オス。林道沿いで採餌していた。

Category:野鳥
2019年8月17日(旧暦では2019年7月17日)

国頭村営林道に続き沖縄県営林道の通行止めが試験的に2019年8月26日から始まります。これによりやんばるを走る国頭村営林道と沖縄県営林道が夜間通行止めとなり、北部の林道は許可を得ないと夜間において一般車は、ほとんど通行不可能となります。

許可の取り方は2種類あり、一番応用範囲が広いのは国頭村の許可を取ることです。国頭村の許可を取れば、県が規制する林道を通行することも可能ですのでほとんどの方はこちらをおすすめします。本運用となったら変わるかもしれませんので、その時は再度記事化したいと思います。国頭村の方は、 国頭村営林道夜間通行規制にかかる許可証の取得方法 をご覧ください。

ただし、国頭村の規制時間が日の入りから日の出までと季節変動があるのに対し、沖縄県の方は、午後7時から午前5時までとなっていますので留意ください。

また、県が規制する林道は村営林道と違い、ゲートが設けられるほか、監視カメラも設置されます。詳細は、 沖縄県自然保護課のウェブサイト をご確認ください。県の方で許可が取りたい方も同課のサイトをご覧ください。

毎度のことながら申請書が適応ヴァージョンすら分からないWordでしか用意してありませんので、こちらで用意したPDF版をご利用ください。

県版夜間林道通行許可申請書PDF版(実証実験版) (Acrobat Reader 4.0以上が必要です。 Adobe社より入手 してください。無料です。)

通行止めのお知らせチラシ。

Category:閑話
2019年8月15日(旧暦では2019年7月15日)

10カ月ぶりにジャワアカガシラサギを確認。石垣島では、見る機会が増えている気がするなー。沖縄本島で昨年の10月に見た冬羽のジャワアカガシラサギ に比べると褐色味が強くアカガシラサギっぽくもあり微妙ですが、おそらくジャワアカガシラサギだと思われます。

ジャワアカガシラサギは警戒心もなく、田んぼでコサギやセイタカシギ、タカブシギなどと餌をとっていた。

p.s.

各所と検討の上、頸部の縦斑などから色のりのよいジャワアカガシラサギとします。

ジャワアカガシラサギ

微妙だけど冬羽のジャワアカガシラサギ。アカガシラサギと比べて首から胸への縦斑が薄い気がする。

ジャワアカガシラサギ

小さな虫を捕まえていた。

コサギ

コサギも近くで採餌。ジャワアカガシラサギと並ぶと大きく見える。

セイタカシギ

セイタカシギ第1回冬羽。

セイタカシギ

こちらも第1回冬羽。左足がないようで、餌を取る時によろめいていた。

Category:野鳥