日々の記録。主に沖縄本島、石垣島の野鳥や自然を写真で紹介

2017年5月28日(旧暦では2017年5月3日)

牧草地に巣立ちから1〜2日経過したセッカのヒナが5羽いました。セッカは一夫多妻なのでオスは子育てに参加しません。メス親はヒナへの餌を運びに、オス親は縄張りに入ってきたよそ者のセッカを追い払うのに大忙しでした。

ヒナに持ってくる餌は、ほとんどがカマキリの幼虫で、たまにクモを捕まえてくるようです。ヒナたちは、目の前をハエなどが飛ぶと反応して目で追っていた。生まれながらにしてなかなかの動体視力を持っているようだ。

セッカの巣立ちしたヒナたちは、通常、草むらの中に紛れて観察、撮影ともに難しいのですが、この牧草地は、巣立ち直後ぐらいに草が刈られたようで比較的見やすかった。草刈りが数日早かったら巣立ちもできなかった可能性があります。巣立ち、発見ともに絶妙のタイミングでした。^^

ミフウズラの親子も期待したのですが、1ペア見ただけに終わりました。

セッカ

カマキリをもらったセッカのヒナ。右は親鳥。

セッカ

セッカの親鳥(上)とヒナ。こんな開けたところに止まるのはまれ。

セッカ

セッカのヒナ。ヒナのころから「セッカ立ち」。

セッカ

セッカ親鳥。小雨が降っていましたがせっせと子育て。

セッカ

セッカのヒナ2羽。

セッカ

右下の親鳥に餌をねだるが、すでにほかのヒナに餌を与えてしまった。

セッカ

草むらの中で餌をもらうセッカのヒナ。

セッカ

運んできた獲物はまたカマキリの幼虫。

セッカ

セッカのメス親。子育てするのはメスだけ。

セッカ

セッカの親。

セッカ

トウモロコシの葉に止まりました。

セッカ

刈られた草の上に立つセッカのヒナ。

セッカ

セッカのヒナが3羽写っています。

Category:野鳥
2017年5月26日(旧暦では2017年5月1日)

アカショウビンが巣作りしていました。営巣木の根元に落ちる木屑がまだまだ少ないので途中ですね。今が一番神経質な時なので、しばらくは放っておきましょう。親鳥の姿は、このペアを2回見たのと南部では1羽見た。南部の個体は営巣しているかは不明。

サンコウチョウも数ペアが子育て中です。すでに抱卵に入っているようで、動きが少なく巣の発見までには至らず。ことしは、巣作り期間のゴールデンウイークにサンコウチョウ探しに行けなかったので、営巣の発見は難しそう…。

サクラランの花は、最盛期を迎えているようであちこちに咲いていた。このサクラランの葉は、アサギマダラの食草だそうです。

池のほとりにはゴイサギがいました。

サンコウチョウ(亜種リュウキュウサンコウチョウ)

サンコウチョウのオス。尾羽が短いタイプでした。

アカショウビンの巣。アカショウビンの姿は、2カ所で3回見たのですが、撮影はできなかった。

アカショウビンの営巣木の根元に落ちていた木屑。

ゴイサギ

ゴイサギは、池のほとりで獲物を狙っていた。

サクララン

3株から10輪のサクラランが満開していました。

サクララン

サクラランは、変わった咲き方をしますね。

Category:野鳥
2017年5月26日(旧暦では2017年5月1日)

小高い崖の上で景色を見ながら涼んでいたら、ツバメ4種が上空を行ったり来たりしてくれました。春の渡りのかなり遅いグループでしょうか?

一番大きなアマツバメが1羽、コシアカツバメとショウドウツバメはずつ数羽、ツバメはたくさん。ツバメ以外は、これから北上して行くのでしょう。

短いレンズしか持っていなかったので、どれも遠かった。

アマツバメ

翼は尾羽がボロボロ。尾羽はボロボロ過ぎて、ハリオアマツバメのようになってる。^^;

コシアカツバメ

コシアカツバメは数羽の群れ。

ショウドウツバメ

ショウドウツバメも数羽の群れ。

ツバメ(リュウキュウツバメ)

ツバメ、リュウキュウツバメはたくさんいた。

Category:野鳥
2017年5月19日(旧暦では2017年4月24日)

近所のアオバズクは、抱卵中のようです。昨年、ここのペアのヒナたちは7月の第1週に巣立ちました。この調子だとことしも6月末か7月頭には巣立ちするでしょう。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

アオバズクのメスは抱卵中、オスは営巣木の近くで見張り番です。

Category:野鳥
2017年5月19日(旧暦では2017年4月24日)

先日、巣作りを確認したツミのペア が求愛給餌していた。獲物を持ってきたオスが松の木でしきりに鳴いていると思ったら、メスが飛んできてメジロらしき獲物をもらっていた。すでに羽は綺麗にむしられて調理済み。^^

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

メジロを食うツミのメス。

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

ツミのオス。ここのペアは、人間を全く恐れないので観察がしやすい。

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

オスから受け取った獲物をなかなか食わない。もったいぶっているのか腹が減っていないのか…。

Category:野鳥