日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

微妙なツメナガセキレイとシギ

2020年8月28日(旧暦では2020年7月10日)

今季も微妙なツメナガセキレイがやってきました。双眼鏡で見つけた時はシベリアツメナガセキレイと疑わなかったのですが、写真に撮ってモニタで拡大してみると、目の前方まで白い眉斑がつながっています。しかし、マミジロツメナガセキレイにしては細いという個体でした。両者は繁殖ちが隣り合っていてハイブリッドがあるようで、右の顔はシベリアツメナガセキレイで左の顔はマミジロツメナガセキレイみたいな個体もいます。面白いですねー。^^

田植えが終わった田んぼにはトウネン、ヒバリシギ、ウズラシギ、タカブシギ、イソシギ、アオアシシギ、コアオアシシギ、セイタカシギ、チュウシャクシギ、ジシギなどが元気に過ごしています。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

マミジロツメナガセキレイ

眉斑の薄いマミジロツメナガセキレイの成鳥。

コアオアシシギ

ほぼ冬羽に変わっているコアオアシシギ。

トウネン / ヒバリシギ

ヒバリシギ幼鳥(手前)とトウネン成鳥。

トウネン

トウネン成鳥。夏羽から冬羽へ。

チュウシャクシギ

いつもは海にいるチュウシャクシギが田んぼにやってきました。満潮で行き場を失ったのでしょう。

チュウシャクシギ

上とは別個体のチュウシャクシギ。こちらも成鳥。