日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

チービシでマミジロアジサシ

2017年7月7日(二十四節気の小暑、旧暦では2017年閏5月14日)

チービシ(慶伊瀬島)でマミジロアジサシを見てきました。ライファーです。^^

ナガンヌ島などで営巣もしているようで二十数羽の群れの飛翔も見ることができました。想像していたよりかなり大きくオオアジサシほどありました。また、頭から背中にかけての黒とそれ以外の白の部分が美しいコントラストで大変迫力のあるアジサシでした。

鳴き声も聞くことができました。同じ島にいたベニアジサシやエリグロアジサシとは全く異なる鳴き声でした。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

マミジロアジサシ

いきなり3羽で現れたマミジロアジサシ。右上の個体は爆弾を落としています。^^;

マミジロアジサシ

近くを飛んでくれた。初見のマミジロアジサシの大きさに驚いた。

マミジロアジサシ

ナガンヌ島で頭上を通過するマミジロアジサシ。島では、エリグロアジサシやベニアジサシがたくさん営巣していた。

マミジロアジサシ

真上を通過していった。

マミジロアジサシ

黒い背中が特徴。

マミジロアジサシ

人間のことが気になるようで、時折近くまで来て様子をうかがっているようだった。

マミジロアジサシ

遠くには、マミジロアジサシが群れで舞っていた。