日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

マミジロタヒバリ、ムネアカタヒバリ、ツメナガセキレイ

2019年11月1日(旧暦では2019年10月5日)

みなさん大好きなセキレイ科が数十羽群れていました。とりあえず、鳴き声でマミジロタヒバリが入っていることが分かったので警戒心の強いタヒバリの仲間を飛ばさないように双眼鏡で見てみるといました。マミジロタヒバリのあの姿勢にあの顔つき。そしてタヒバリの仲間の中では分かりやすいあの鳴き声。

ほかにも何か入っていないかと探りますが、ムネアカタヒバリが数羽確認できただけで、残りはツメナガセキレイばかりでした。鳴き声的にも思った通りの結果となりました。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

マミジロタヒバリ

1羽だけいたマミジロタヒバリ。

ムネアカタヒバリ

こちらを警戒するムネアカタヒバリ。結構離れて観察しているのですが警戒心が強かった。

ムネアカタヒバリ

水辺にもムネアカタヒバリ。尾羽の裏についた小さな虫を取ろうとしている。

マミジロツメナガセキレイ

マミジロツメナガセキレイの幼鳥。(キマユ)ツメナガセキレイとは、眉斑の太さなどで識別できます。

ツメナガセキレイ

こちらは(キマユ)ツメナガセキレイの幼鳥。