日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

アオバズク2カ所、ツミ1カ所で巣立ち

June 24, 2019(旧暦では2019年5月22日)

今日は久しぶりの一日フリー。午前中は洗濯とか不動産屋へ書類の提出とかあって午後からですが、まともに鳥見に行けました。半日にしては得るものが多い一日でした。^^

昨日の夜探 でアオバズクが営巣していると思われる場所をまたまた近所で見つけたので、今日の午後、回ってみると2羽のヒナがすでに巣立っていました。営巣木も確認できました。

さらに数十メートル離れた雑木林ではリュウキュウツミも営巣していたようでこちらも2羽のヒナが巣立っていました。

前から営巣を観察しているアオバズクは昨夜午前2時ごろは3羽とも全て巣内にいたのですが、そのあと巣立ったようで夕方、1羽が親鳥と近くの木に止まっていました。

ここは夕方になるとカラスが数十羽でやってくるので、カラスの被害を心配していましたが、大丈夫そうでした。

近くの雑木林では4月ごろから目をつけていたのですが、巣は探せずにいたリュウキュウツミもヒナが2羽巣立っていました。不思議なことにここのツミはオスもメスも鳴き声をあげません。なので余計に探すのに苦労しました。^^;

近くでズグロミゾゴイの巣らしきを発見したのですが確定できず。今後の観察課題。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

巣立ったアオバズクのヒナ。親鳥は昼間も盛んに狩りをして獲物を持ってくるのですが、獲物を受け取ると他の兄弟に取られないように逃げるので餌を食っているシーンは撮れなかった…。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

上のヒナたちの親鳥。オスと思われます。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

こちらのアオバズクは昨夜の午前2時以降というかなり遅い時間に巣立ったようです。 この日に予想した巣立ち日 がぴったり当たりました。^^ 左の親鳥はメスです。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

上のアオバズクの残りのヒナたち。今夜にでも全て巣立つでしょう。

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

リュウキュウツミの巣立ちビナ。ヒナは2羽いましたが撮影できたのは1羽だけ。足には親鳥にもらった獲物をつかんでいる。獲物はメジロかな?

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

上のヒナのメス親。民家の近くで営巣しているだけあって警戒心はない。