日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

アオバズク間も無く巣立ち

2018年6月21日(二十四節気の夏至、旧暦では2018年5月8日)

公園のアオバズクが間も無く巣立ちそうです。今日は、メス親も外に出ていましたので、早ければ5日後には巣立つでしょう。

同じ場所でツミも営巣しているので、アオバズクはツミを恐れ、昨年からツミに見つからないような場所で見張りをしています。3年前、初めて見つけたときの場所では、昼間の見張りをしなくなっていました。しかし、今日はいつもツミを恐れているオスの方が、以前と同じ場所に止まっています。

ここのツミは、人間に対してもカラスに対してもかなり攻撃を仕掛けてくる気の荒いペアです。アオバズクがツミにやられないかヒヤヒヤものでしたが、夜も見にいってみると、オス親とメス親が巣の入り口前の枝に止まっていました。巣の中のヒナを気にしているので間も無く巣立ちです。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

3年前まで見張りに使っていた松の木に止まるアオバズクのオス。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

最初は、こちらがオス親かと思いましたが、こちらはメス。抱卵で雨覆がかなり痛んでおり、羽毛の流れも乱れてボサボサ。尾羽は意外ときれい。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

夜も見てきました。こちらはオスのアオバズク。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

メスのアオバズク。昼間、羽毛の流れが乱れていたが、夜には、きれいになっていた。ヒナの成長に伴い、今日の昼に樹洞から出てきたのだろうか? 普通は、夜に出るもんだと思うんだけど…。

頭にシラミバエが乗ってる…。^^;