日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

子育て中のツミの襲撃(動画あり)

2017年6月28日(旧暦では2017年閏5月5日)

ことしが初めての繁殖と思われる若いツミのペアを先月から観察していて、 1週間ほど前確認した時には、大きくなったヒナが巣外からも見えるようになりました。

今日は、さらに大きくなったヒナに会いに行きましたが、先日とは打って変わって親鳥の警戒の強いこと。遊歩道をウオーキングの人が歩くと、オスもメスもけたたましい鳴き声をあげながらスクランブル発進。頭に当たる寸前のところで身を翻しては攻撃していました。一度標的になると数十メートルはしつこく追いかけてきます。^^; 子連れのお母さんは悲鳴をあげて逃げてきたので、あと10日ほどの辛抱だと伝えておきました。

ツミの襲撃が恐ろしいので巣の写真を数枚撮って帰宅後、iMacの画面で確認してみるとヒナの白い綿毛もだいぶ抜け、幼鳥の羽が見えていた。

襲撃の様子は、目を離すと怖いので後ずさりしながらiPhoneで動画撮影。それを横向きにトリミングしてありますので画像は荒いですね…。^^;

1週間ほど前は、営巣木から10メートルほどのベンチに犬を連れた中年夫婦が座っていても、私がカメラで撮影しても無視だったのにこの違いはなんなんだろう?

巣立ちの頃、ふたたび訪れてみる予定だったけどこの調子じゃ無理かも。

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

臨戦態勢のツミ。下がオスで上がメス。

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

緊急発進態勢のツミのメス。

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

オスのツミは主に背後から攻撃を仕掛けてきた。メスが正面からくるのとは対照的でした。

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

怒りの雄叫びをあげるツミのメス。

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

オスは目が合っていると攻撃してきませんが、後ろから来るときはメスよりもギリギリを狙ってきます。振り向きざまにツミの鋭い爪が目の前にあったときは肝を冷やした…。^^;

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

巣の写真は恐ろしくて数枚だけ。大きくなったヒナがいる模様。中央に写っています。