日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

近所で繁殖中のリュウキュウアカショウビンとリュウキュウアオバズク

May 31, 2019(旧暦では2019年4月27日)

アカショウビンとアオバズクが近所で繁殖しています。アカショウビンは、木の朽ちた部分に穴を掘って営巣の準備中。 数日前、カラスと大立ち回りを演じていたアオバズク は大雨にも負けず順調に抱卵しています。

アカショウビンは5月28日、卵の殻と思われるものをくわえて飛んでいるのを見たのですが、どうも違ったようです。孵化には少し早すぎると思っていました。^^;

サンコウチョウも同所で子育てしているのですが、巣の場所までは特定できませんでした。カラスが来るとオスが必死でモビングしていたので近くでメスが抱卵中と思われます。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

アカショウビンのメスと思われる個体。目先や目の後ろなどに白い羽が混じる個体です。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

上のメスとカップルになっているオス。まだ巣穴を掘っている最中なのか、くちばしにわずかに木屑が付着しています。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

抱卵中のメスを見守るアオバズクのオス。アオバズクは昼間でも目の前を獲物が通ったら捕まえたりしますが、この個体は、見張り場所を離れて明るい林内を飛び回り、餌を探している変わり者です。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

大雨の浸水が心配だったけど抱卵していました。