日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

雨の中、アカショウビン、カンムリワシ、ズグロミゾゴイ

2019年5月28日(旧暦では2019年4月24日)

バンナ公園を車で流すだけでリュウキュウアカショウビンを5個体確認。鳥には全くの素人の友人も公園内のランニング中に3羽見たと言っていました。この時期はとても活性が高く見やすいです。

毎年、アカショウビンの縄張りとなる芝生にはやはり今年も2羽のアカショウビンが入っていました。個体は変わっているかもしれませんが、私の観察している限りでは10年以上利用されている場所です。

林道にはカンムリワシのオス成鳥と若い個体がいました。若い個体の方は、日に日に換羽が進み幼羽から成鳥らしい姿に変わりつつあります。

ズグロミゾゴイは、近所の御嶽周辺で餌を採っていました。写真には撮れませんでしたが、2個体いました。おそらくカップルと思われます。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

これぞリュウキュウアカショウビンという見事な紫色です。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

上の個体とカップルのアカショウビン。こちらがメスと思われます。

カンムリワシ

カンムリワシのオス成鳥。

カンムリワシ

カンムリワシの若い個体。 先月 と比べると換羽が進んでいるのが分かります。

ズグロミゾゴイ

ミミズに狙いを定めるズグロミゾゴイ。

ズグロミゾゴイ

昼過ぎから雨が降り島の鳥たちは、みなずぶ濡れでした。

Category:野鳥