日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

リュウキュウアオバズクとリュウキュウコノハズ

2015年6月1日(旧暦では2015年4月15日)

アオバズクとコノハズクが営巣していました。コノハズクはかなり厳しいところに止まっていました…。^^;

アオバズクはオスが巣を見張っていました。カラスが近づこうものならアオバズクの激しいスクランブルに遭っていました。途中、スコールがあり、見晴らしのいい場所で羽を乾かしているようでした。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

アオバズクの頭に蚊が止まっています。私の周りも蚊がたくさん舞っていましたが、虫除けスプレーをしていたのでほとんど刺されませんでした。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

羽を乾かしてブルブルっとやっていました。ここのアオバズクは非常に気性が荒く、カラスもかなりやられて懲りているようで、こんなに見晴らしのいい場所に止まってもカラスが全く寄ってきません。昨年の巣立ちの時は、カラスの巣立ちビナがここのアオバズクの縄張りに入ってしまって、アオバズクのオス1羽でカラス5羽を撃退していました。^^;

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

コノハズクはなんとか見つけられたのですが、どーやっても写真は撮れず…。^^;

うまいこと隠れるものです。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

ペリットを吐き出しました。アオドウコガネの羽らしきものが混じっていました。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

こちらのアオバズクはカラスが騒いでも無視。