日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

今季初確認のツメナガセキレイ 亜種は暫定

2019年8月28日(旧暦では2019年7月28日)

今季初のツメナガセキレイ2羽を田んぼで確認しました。

2羽とも成鳥のオスなのですが、これまで見たことのないタイプの個体です。普通の(キマユ)ツメナガセキレイは眉斑は太く黄色ですが、この個体は太く白い眉斑を持っています。頭部や背面の灰色味はツメナガセキレイの特徴が出ています。

羽先が擦れたら普通のマミジロツメナガセキレイになると判断して、マミジロツメナガセキレイのフレッシュな羽衣をまとった個体ということにしておきます。

これまで国内で記録のない亜種やハイブリットについても範疇に入れて検討する必要がありそうです。

詳しい人や手がかりになりそうな文献を知っている人がいたらぜひ、ご連絡ください。

ツメナガセキレイ(亜種キタツメナガセキレイ、亜種シベリアツメナガセキレイ、亜種マミジロツメナガセキレイ)

暫定マミジロツメナガセキレイ成鳥。

ツメナガセキレイ(亜種キタツメナガセキレイ、亜種シベリアツメナガセキレイ、亜種マミジロツメナガセキレイ)

マミジロツメナガセキレイ成鳥にしては、眉斑がずいぶん白っぽいです。沖縄にはツメナガセキレイが大量に渡ってくるのですが、今までこのようなタイプは見たことがありません。