日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

季節外れのソリハシセイタカシギ(動画あり)

2019年6月23日(旧暦では2019年5月21日)

沖縄では春か秋から冬にかけて毎年、観察されるソリハシセイタカシギですが、今年は6月という季節外れな時期に成鳥が1羽田んぼに入りました。すでに数日間の逗留です。

石垣島では単独の飛来が多いですが、昨年の11月には沖縄本島の泡瀬干潟にソリハシセイタカシギ10羽の群れが入りました。ワンシーズンに8羽があちこちに入ったこともあり、沖縄本島の方が数は多い印象です。どんなコースで渡りをしているのか興味深いですね。

ソリハシセイタカシギを見ているとシロハラクイナが目の前を走り抜け、水路にはリュウキュウヒクイナが現れました。残念ながらヒクイナの方は撮影できず…。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

青灰色の足は泥で汚れてしまっています。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

ソリハシセイタカシギ成鳥のオス夏羽。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

しばらく水に浮いていると思ったら。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

水浴びを始めました。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

水浴び後のソリハシセイタカシギは羽ばたいて水を飛ばしていた。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

体を震わせる。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

また羽ばたく。体が浮き泥のついていない足趾が見えた。美しい青灰色です。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

入念に羽繕いするソリハシセイタカシギ。

シロハラクイナ

シロハラクイナが目の前を横切った。よく見れば、こちらも美しい色合いをしています。