日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

アカショウビンのヒナ孵化、アオバズクは巣立ち間近

2019年6月23日(旧暦では2019年5月21日)

同じエリアで営巣しているリュウキュウアカショウビンとリュウキュウアオバズク。アカショウビンの方は数日前にヒナが孵化、 アオバズクの方は前回の予想 通り、週明けには巣立ちそうです。

アカショウビンは現在、5巣観察中で4巣でヒナが孵っており1巣は抱卵中かまだヒナが小さいため巣篭もり中。巣はそれぞれセンダン、タカサゴシロアリの巣、オオタニワタリの根、ヤシの木とバリエーションに富んでいます。^^ シロアリの巣に営巣しているペアは2つがい。

アカショウビンで一番早い巣立ちは、6月末あたりでしょうか。沖縄本島での3年間の赴任中は観察する機会がなかったので久しぶりの巣立ちが待ち遠しいです。^^

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

リュウキュウアカショウビンのメス。ヒナが孵って数日。巣の近くで警戒していた。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

他のアカショウビンが現れるとくるっと向きを変え、縄張りから追い出そうと追いかけていった。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

リュウキュウアオバズクのオス。カラス10羽ほどに絡まれていた。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

営巣木の近くで見張るリュウキュウアオバズクのメス。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

ヒナはかなり成長している。あと2〜3日で巣立つでしょう。