日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

三角池にソリハシセイタカシギ3羽とクロツラヘラサギ11羽

Nov. 17, 2017(旧暦では2017年9月29日)

自宅から近い、豊見城市与根の三角池にソリハシセイタカシギが3羽入りました。前日、友人と「今年はアボセット入んないねー」などと話していたのでうれしさも3倍です。^^

夕方、通ると3羽ともまだ滞在していました。ことしもソリハシセイタカシギが三角池で越冬してくれるのを願っています。三角池に3羽ものソリハシセイタカシギが同時に飛来するのは、おそらく初めての記録だそうです。

沖縄では過去、具志干潟にソリハシセイタカシギ7羽が同時に入ったこともあるそうです。

クロツラヘラサギは「J15」と「E24」を含めて11羽が三角池で休んでいました。10年連続で毎年沖縄にやってくる J15 は、10日ほど前に今季初確認。 昨年は、11月8日に確認 しました。今年もほぼ同時期の飛来です。

E24は、2011年に韓国で幼鳥時代に標識をつけられたオスの個体で、ことしの3月には、泡瀬干潟で怪我をして弱っているところを釣り人により保護、同5月に漫湖水鳥・湿地センターで放鳥されたクロツラヘラサギです。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

三角池にソリハシセイタカシギ3羽飛来しました。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

美しいソリハシセイタカシギ成鳥のシンクロ。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

しかし、近づきすぎると喧嘩に発展します。^^;

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

こちらでは成鳥(右)と幼鳥の喧嘩。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

ソリハシセイタカシギは、喧嘩といっても翼で相手を叩いたりくちばしで噛み付いたりする程度で大怪我には至らない。

クロツラヘラサギ / 足環・フラッグ付き

今年もやってきたクロツラヘラサギの「J15」。保護されて以来、10年連続の飛来で13歳になります。

クロツラヘラサギ / 足環・フラッグ付き

こちらはクロツラヘラサギの「E24」沖縄本島で越夏しました。ことしで6歳。

クロツラヘラサギ

クロツラヘラサギの非常に若い個体。

クロツラヘラサギ

クロツラヘラサギは、よくお互いを羽繕いします。