日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

アカショウビン、アオバズク抱卵中

2019年6月4日(旧暦では2019年5月2日)

巣穴を三つほど掘っていた近所のリュウキュウアカショウビンが抱卵していました。

公園のアカショウビンたちも活発に餌を捕ったり囀ったりしています。

八重山農林高校で繁殖するリュウキュウアオバズクも抱卵中。 このアオバズクは2015年に見つけて から毎年、子育てのため学校へやってきます。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

縄張り内に複数箇所、巣穴を掘っており、どこを使っているのか推測でしか分かりませんでしたが、このタカサゴシロアリの巣で確定のようです。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

獲物を見つけ地面に降りたアカショウビン。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

上と同じ個体。ペアが見えなくなっていたので抱卵に入ったと思われます。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

バンナ公園内で見つけたアカショウビン。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

八重山農林高校で5年連続営巣中のアオバズク。メスは抱卵中。