日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

海岸林でアカショウビンとアオバズク

2019年4月21日(旧暦では2019年3月17日)

海岸林でリュウキュウアカショウビンとリュウキュウアオバズクが営巣準備に入っていました。

アカショウビンは、求愛給餌をしたり朽ち木に巣穴を掘ったりしていました。アオバズクはカップルで同じ枝に仲良く止まっていた。おそらくこの2羽が止まっている正面にあった樹洞を巣にすると決めているのでしょう。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

リュウキュウアカショウビンのオス。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

ペリットを吐き出した。甲虫の羽根などが入っていた。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

営巣準備に入っているアオバズク。右がオスで左がメス。すでに10日ほど2羽で止まっているようです。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

このアオバズクのペアは、オスの方が落ち着いているようでした。