日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

金武のセキレイ3種とリング付きアカアシシギ

2019年1月20日(二十四節気の大寒、旧暦では2018年12月15日)

「KANKYOSYO TOKYO JAPAN 6A27456」のメタルリングを装着したアカアシシギは元気に越冬中です。このアカアシシギは2015年9月26日に久米島宇江城で放鳥された個体。毎年、決まって同じ場所へやってきます。このリングを初めて読んだのが 2017年9月18日 でした。

田んぼにはセキレイの仲間が3種。一番多いのがハクセキレイでその次がツメナガセキレイ、キセキレイの順です。キセキレイは遠目に白化した雨覆が目立ち一瞬混乱しました。^^; 部分白化かと思いましたが、どうも三列風切の一部が脱落して白い部分が目立っているようです。

シロガシラは捨てられた田芋をあさりに数十羽の群れが集まっていた。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

キセキレイ

三列風切の一部が抜け、白い部分が目立つキセキレイ。部分白化ではなさそう。

キセキレイ

こちらは普通のキセキレイ。

ツメナガセキレイ

ツメナガセキレイ冬羽。

ツメナガセキレイ

ツメナガセキレイ第1回冬羽。

ハクセキレイ

一番数が多いのはハクセキレイ。

アカアシシギ / 足環・フラッグ付き

メタルリング付きのアカアシシギ。

アカアシシギ / 足環・フラッグ付き

刻印は「KANKYOSYO TOKYO JAPAN 6A27456」でした。

シロガシラ

数十羽のシロガシラが捨てられた田芋に集まっていた。