日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

夏羽に変わりつつあるクロツラヘラサギ

2017年3月11日(旧暦では2017年2月13日)

J15が昨年の11月8日に初確認 されて以来、4カ月以上たったクロツラヘラサギたち。三角池やその周辺、豊崎あたりで過ごしていた群は最大19羽ほどいましたが、現在は8羽ほどがまだ滞在中。

12月24日に確認されたJ10の足環をつけたクロツラヘラサギは単独で餌探しに忙しそうでした。夏羽にも変わりつつあるようで、胸のあたりや冠羽に少し黄色味がかってきた。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

クロツラヘラサギ / 足環・フラッグ付き

胸のあたりの冠羽がやや色付いてきたクロツラヘラサギ。

クロツラヘラサギ / 足環・フラッグ付き

クロツラヘラサギは、浅瀬を走りながら自慢のくちばしで獲物を捕まえていた。

クロツラヘラサギ / 足環・フラッグ付き

時には、完全に顔を水没させて獲物を探していた。

クロツラヘラサギ / 足環・フラッグ付き

クロツラヘラサギとダイサギは、小さな堰を利用して獲物を捕まえていた。近くにはカワセミも。