日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

寒空の下、セッカやタヒバリ、シロチドリなど

2019年1月16日(旧暦では2018年12月11日)

前日とは打って変わって朝から小雨が降る寒い一日でした。

南部のニンジン畑ではセッカが餌探し。ビニールハウスに囲まれた小さな空き地にはタヒバリが1羽だけ寂しそうにしていました。

海岸に出てみると、シロチドリ100羽ほどの群れが水面を勢いよく飛び回っていた。何かに追われているのかのようでしたが、猛禽などの姿はなし。ハマシギやキョウジョシギ、アオアシシギもいましたが反応はなく採餌していた。なんだったんだろう。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

セッカ

セッカ。ニンジンの葉に止まっていた。

セッカ

セッカも寒そうだ。

タヒバリ

小さな空き地にポツンといたタヒバリ。単独で変なところにいるので一瞬ドキッとした。^^;

タヒバリ

紛れもなくタヒバリです。

シロチドリ

シロチドリの群れ。トウネンも少し混じっている。

ハマシギ

目の前までやってきたハマシギ。