日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

リュウキュウオオコノハズクとリュウキュウコノハズクの巣立ちビナ

2018年8月27日(旧暦では2018年7月17日)

リュウキュウオオコノハズクとリュウキュウコノハズクの巣立ちビナ。

オオコノハズクは巣立ち後、2カ月近く経っていると思われます。親の縄張りで例年通り、羽化のため地表に出てくるセミの幼虫などを捕まえているようでした。 昨年は、巣立ちビナを3羽同時に見られました が、今回は2羽だけでした。

コノハズクも巣立ちのピークをすぎており、 前回は7家族20羽のヒナ が見られましたが、今回は成鳥1羽と巣立ちビナ2羽だけでした。

沖縄で繁殖するフクロウは オオコノハズクコノハズクアオバズク と3種類いますが、ヒナの可愛さではオオコノハズクが圧倒的ですね。^^

オオコノハズク(亜種リュウキュウオオコノハズク)

見よ!! リュウキュウオオコノハズクのヒナの愛らしさを!!

オオコノハズク(亜種リュウキュウオオコノハズク)

でも、リラックスしてくると顔が怖い…。^^;

オオコノハズク(亜種リュウキュウオオコノハズク)

三頭身のオオコノハズクのヒナ。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

こちらはコノハズクの巣立ちビナ。

オオコノハズク(亜種リュウキュウオオコノハズク)

地表の虫などを狙っています。

オオコノハズク(亜種リュウキュウオオコノハズク)

まだ体は大半が幼羽に覆われていますが胸のあたりに数枚、成鳥羽が見えています。

オオコノハズク(亜種リュウキュウオオコノハズク)

来年もヒナたちが訪れてくれることを願っています。