日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

久しぶりにリュウキュウアカショウビン

2018年8月27日(旧暦では2018年7月17日)

リュウキュウアカショウビンを2カ所で幼鳥1羽と成鳥3羽の合わせて4羽を確認できました。この時期、4羽に出会えるとは意外でした。

最初のポイントは、毎年、営巣が確認されている場所。しかし、今年は巣穴を見つけられずにいましたが、どこかで子育てをしていたようです。昨年は3羽の巣立ちを確認。今回、見たのは1羽だけでしたが、ほかのヒナはすでに親元を去ったのか、それとも藪の中にいたのか…。

もう一カ所も毎年、やってくるのでどこかで繁殖をしているものと思われますが、巣は見つけられず。こちらはすでにヒナたちは親元を離れているようでしたが、親鳥2羽は、同じ縄張りでペアを維持しているようでした。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

カニを捕まえたアカショウビン成鳥。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

上の個体はカニの足などを落とした後、自分で食わずに鳴き声をあげたので「近くに巣立ちビナがいるな」と思ったら藪の中から幼鳥が飛び出てきた。ここまで大きくなってもまだ親から給餌を受けるんですねー。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

換羽が始まり、ボロボロの親鳥。ここからさらに過酷な渡りが待ってるんだよな。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

来年も元気な姿を見せて欲しい。