日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

やんばるでリュウキュウコノハズク、リュウキュウオオコノハズク、ヤンバルクイナなど

2018年8月2日(旧暦では2018年6月21日)

久しぶりにやんばるで夜探してきました。リュウキュウコノハズクの巣立ちがピークを迎えているようで7家族20羽の巣立ちビナを見つけることができました。ヒナたちはずいぶん大きくなり、自由に飛び回っていた。

リュウキュウオオコノハズクの餌場では、コノハズクとオオコノハズクのバトルが勃発。もちろんオオコノハズクが勝ち、コノハズクは退散しました。2羽同時に観察すると、図鑑などの数値で見るより大きさがずいぶん違いました。

ヤンバルクイナも7羽ほど確認。なぜか2羽は深夜0時ごろに連れ立って道路を横断していきました。何があったんだろう?

コノハズクのヒナたちは何時ごろまで起きているのか確認しようとある家族を観察していたのですが、あまりにも眠くなり2時ごろまでしか彼らが活動しているのを確認できませんでした。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

顔つきは成鳥と変わりませんが、まだまだ幼羽が目立ちます。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

親からオキナワキノボリトカゲをもらった。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

コノハズクの全長と変わらない大きさのキノボリトカゲだったので呑み込むのに苦労していた。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

2羽で親からのエサ待ち。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

こちらでも2羽で仲良く並んでいた。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

草むらで何かが動いているようでしばらく凝視していた。

オオコノハズク(亜種リュウキュウオオコノハズク)

オオコノハズクの餌場に行ってみるといつもの個体がゴキブリやセミの幼虫をとっていた。コノハズクやアオバズクより一足早く子育てが終わってるオオコノハズクは、すでに目の周りから換羽が始まっています。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

オオコノハズクの縄張りに入り込み追い払われていたコノハズクの成鳥。

ヤンバルクイナ

木の上で眠るヤンバルクイナ。同じ個体かどうか不明ですが、だいたい同じ木で寝ている。

リュウキュウカジカガエル

小雨が降っていたので、リュウキュウカジカガエルがあちこちで鳴いていた。

ホルストガエル

リュウキュウカジカガエルの次によくみるのがホルストガエルです。こちらはかなり大きくかっこいいカエルです。

サガリバナ

サガリバナも満開になりあたりに甘い香りを漂わせていた。