日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

やんばるでリュウキュウオオコノハズク、ホントウアカヒゲなど

2017年7月14日(旧暦では2017年閏5月21日)

久しぶりにやんばるに夕方から行ってきました。

前から目をつけていた広場の防風林にリュウキュウオオコノハズクがいました。人に慣れているのか、営巣木が近いのか分かりませんが、前から写そうが、後ろから写そうが、下を通ろうが同じ枝にずっと止まっていた。しばらく現場を離れて戻ってみるとやはり同じ場所にいる。営巣かなー?

やんばるの林道を歩くと色々な生き物たちがいました。ホントウアカヒゲやリュウキュウコゲラ、イモリやセミの仲間がいました。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

リュウキュウオオコノハズク

リュウキュウオオコノハズクは、シルエットでもコノハズクとは違う。

リュウキュウオオコノハズク

コノハズクに比べてオオコノハズクは頭が大きく全体的に体型がっしりしています。

リュウキュウオオコノハズク

数十メートル離れた場所でアオバズクが営巣しているのですが、アオバズクの鳴き声が聞こえるとオオコノハズクはしきりに気にしていた。

リュウキュウオオコノハズク

このオオコノハズク、尾羽がないように見えますが何かアクシデントがあったのだろうか?

リュウキュウオオコノハズク

光量を落とすと瞳孔がここまで大きくなります。

ホントウアカヒゲ

ホントウアカヒゲの巣立ちビナ。警戒心があまりありません。

ホントウアカヒゲ

今時期は、ホントウアカヒゲの親鳥と巣立ちビナが出ていますので個体数は一年で一番多いのではないでしょうか。

リュウキュウコゲラ

逆さまになり、コバテイシに潜む虫を探すリュウキュウコゲラ。

リュウキュウコゲラ

最短は2メートルぐらいまで寄ってきました。

リュウキュウコゲラ

10分ほど虫を探して何処かへ飛び去った。

オキナワヒメハルゼミ?

クマゼミ。

オキナワカブトムシ。

オキナワトカゲ。青い尾が美しかった。

イモリが水に落ちた昆虫を食おうとしていた。

オキナワキノボリトカゲ。

クロイワニイニイ?

リュウキュウトンボ?