日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

大きくなったツミのヒナ

2018年6月19日(旧暦では2018年5月6日)

今回は、ヒナは1羽だけのようでした。抱卵状況が悪かったのか、親鳥のどちらか、もしくは両方が高齢で無精卵だったのか理由はよく分かりません。

ヒナが1羽なので餌の量もそれに伴い、いつもの3分の1か4分の1で済むので、オス親がせっかく獲物を持って来てもメスが受け取りに行かず、オス親は困っていた。^^;

ヒナは、生後約2週間ほどです。

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

ツミのオスが獲物を調理する。イソヒヨドリの巣立ちビナと思われる。

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

メスは近くまで来るけど、獲物を受け取る気配は全くない。^^;

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

メスが取りに来ないので、オスは仕方なく獲物を自ら食っていた。

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

ずいぶん大きくなったツミのヒナ。肩からは茶色い幼羽がのぞいていた。3〜4羽の場合が多いけど、今回は一人っ子。

ツミ(亜種リュウキュウツミ)

美しいツミのオス。