日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

となり同士のアオバズクの営巣

2018年5月31日(旧暦では2018年4月17日)

アオバズクがお互い見通せる場所で営巣していました。その距離たったの30メートル。 リュウキュウオオコノハズクの巣はそこから50メートル ほどで、この林にはアオバズク2ペアとオオコノハズク1ペアが半径40メートルほどの範囲で繁殖していることになります。

現在、観察中のアオバズクの営巣は、6ペアです。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

営巣木らしきモクマオウを下から見上げると、アオバズクのメスと目があった。樹洞がかなり浅いようだ。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

横からも見える。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

こちらは上のアオバズクとペア。近くで巣を見張っている。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

30メートルほど離れた、こちらもモクマオウで営巣するアオバズク。樹洞の入り口は上を向いているので様子は分からない。