日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

長期滞在中のジャワアカガシラサギと今季初確認のコガモほか

2019年10月3日(旧暦では2019年9月5日)

8月中旬から滞在中のジャワアカガシラサギまだいました。一時、見えなくなっていたので久しぶりの再会です。ジャワアカガシラサギの滞在は、まもなく2カ月となります。

今季初確認となるコガモが2羽田んぼにいました。カルガモの群れに紛れていた。ほかにも田んぼには、ムラサキサギやクロハラアジサシ、シマアカモズ、シマキンパラ、ツメナガセキレイ、セイタカシギ、アオアシシギ、タカブシギなど。

シギは、9月末に一気に抜けて数も種類も減っています。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

ジャワアカガシラサギ

逗留中のジャワアカガシラサギ。このまま越冬するのか?

ジャワアカガシラサギ

上と同じ個体。先日までは、2羽のジャワアカガシラサギが同じ田んぼにいましたが、今日は一羽だけ。

コガモ

今季初確認となったコガモ。2羽いましたが両方とも幼鳥でした。

ムラサキサギ

ムラサキサギも田んぼに複数羽。見やすい季節になってきました。

シマアカモズ

越冬組のシマアカモズは「ギチギチ」と鳴いて縄張りを主張しています。渡ってきたばかりは、近くにいてもお互いに干渉しませんが、しばらくして越冬モードに入ると縄張り争いが起きます。

タカブシギ

タカブシギ幼鳥。残っているのは幼鳥ばかり。

セイタカシギ

セイタカシギ幼鳥。こちらは成鳥もちらほら。

アオアシシギ

アオアシシギ冬羽。越冬組を残して数を減らしています。