日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

ジャワアカガシラサギ、リュウキュウヨシゴイ、ズグロミゾゴイなど石垣島のサギたち

2020年9月9日(旧暦では2020年7月22日)

現在、ジャワアカガシラサギ、リュウキュウヨシゴイ、ズグロミゾゴイ、ムラサキサギといかにも石垣島らしいサギたちがよく見られます。

ジャワアカガシラサギは8月中旬ごろから複数個体が散発的に各田んぼで見られていますが、この個体はコンスタントに現れてくれます。

リュウキュウヨシゴイも巣立ったヒナたちは独り立ちし幼鳥、成鳥と頻出中。冬羽になっても鮮やかなオレンジ色が目をひきますね。

ズグロミゾゴイも独り立ちした今年生まれの若い個体を林道や農地など決まった場所に現れ、ムラサキサギもこの時期、幼鳥から成鳥までいろいろなバリエーションを楽しめます。

白いサギはコサギ、チュウサギ、チュウダイサギ 、アマサギが数を増やしてカラシラサギとアカガシラサギもまもなく到着するでしょう。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

ジャワアカガシラサギ

ずいぶん長いこと滞在しているジャワアカガシラサギ。

ジャワアカガシラサギ

羽繕い。翼の先端まで白いです。

ジャワアカガシラサギ

止まり木から休耕田に降り立つジャワアカガシラサギ。

ジャワアカガシラサギ

アレをする0.3秒前のジャワアカガシラサギ。

リュウキュウヨシゴイ

リュウキュウヨシゴイはいつもの水路で餌探し。

リュウキュウヨシゴイ

水路を歩きながらケラやバッタなどを捕食します。

ムラサキサギ

草むらからムラサキサギが頭だけ出していました。こちらはカメからヘビから鳥からなんでも食う悪食です。

ズグロミゾゴイ

美しいズグロミゾゴイ幼鳥。成鳥もきれいですが幼鳥のこの模様もいいですね。

チュウサギ

草むらのチュウサギ。石垣島ではあまり多くありませんが、ここのサギエリアには複数羽滞在しています。

チュウダイサギ

水が張られた田んぼにチュウダイサギ 。亜種ダイサギも見たいですね。

コサギ

一年中いるコサギ。繁殖はしていないようです。