日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

アカショウビンとカンムリワシ

2019年4月14日(旧暦では2019年3月10日)

鳴き声はもちろん、姿も毎日のように見ることができるようになったリュウキュウアカショウビン。海岸林や公園、林道などで会えます。自宅のベランダからも毎朝のようにアカショウビンの姿を拝むことができます。

カンムリワシは、繁殖期序盤で抱卵に入っていると思われますが、それでも成鳥、幼鳥ともにコンスタントに見られています。この日は、田んぼと林道でカンムリワシの成鳥と幼鳥を見ました。幼鳥といっても白い幼鳥羽が成鳥の羽に変わりつつある個体でした。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

木の陰にリュウキュウアカショウビンの姿がありました。緑の中で美しいですね。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

リラックスした状態で羽繕いなどしていましたが、付近で巣作りをしているカラスが邪魔をしにきたので奥に消えてしまいました。

カンムリワシ

若いカンムリワシ。成鳥の羽に換羽しつつあります。大変なれた個体でした。

カンムリワシ

田んぼにはカンムリワシの成鳥。水路の獲物を狙っていました。カニか何かでしょうか。