日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

ミゾゴイとズグロミゾゴイ!!

April 17, 2020(旧暦では2020年3月25日)

昨年の春は石垣島、その前は、2018年春に沖縄本島の糸満市、2018年秋の南城市でそれぞれ見つけながらも撮影できていなかったミゾゴイがやっと撮れました。私の師匠でもある石垣島BIRD観察さんに教えていただきました。

午前中に連絡をもらったのですが、現地に行けたのは夕方。警戒心はそれなりに強いようなので難しいかなと期待せずに行ったらいました。ミゾゴイ。石垣島にはたくさん生息するズグロミゾゴイとは似て非なる鳥影が双眼鏡に飛び込んできた時は、かなり感動。しかもミゾゴイはカラスを警戒していてこちらに注目をしていません。車を近くに寄せて、手前まで出てくるのを待機。しばらくすると地面の獲物を探しながら開けた場所へ出てきました。

ミゾゴイは、かなり気が強いようでカラスやズグロミゾゴイが近くに来ると威嚇して追い払っていました。

沖縄のミゾゴイは春と秋の渡りの季節に立ち寄るだけなので、この個体もすぐに抜けてしまうでしょう。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

ミゾゴイ

暗い影から姿を現したミゾゴイ。美しい個体です。

ミゾゴイ

正面から。

ミゾゴイ

600mmの画角いっぱいまで近寄ってきたミゾゴイ。

ミゾゴイ

ミゾゴイの後ろ姿。冠羽が背中まで達するズグロミゾゴイと比べるとミゾゴイの冠羽はほとんど目立ちません。

ズグロミゾゴイ

こちらはズグロミゾゴイ。大きな黒い冠羽が目立ちます。

ズグロミゾゴイ

ヒメアマガエルを捕まえたズグロミゾゴイ。

ズグロミゾゴイ

ズグロミゾゴイの後ろ姿。

ミゾゴイ

こちらはミゾゴイの後ろ姿。

ミゾゴイ

近すぎてズームで引いてとったミゾゴイ。

ミゾゴイ

ミゾゴイのドアップ。いい鳥です。

ミゾゴイ

ミゾゴイも婚姻色が出ているようです。

ミゾゴイ

長いこと目の前を行ったり来たりして楽しませてくれたミゾゴイ。

リュウキュウアカショウビン

夕方、リュウキュウアカショウビンは活発に動き回っているようで、林道や公園など多くの個体を見かけました。

ウズラシギ

ウズラシギ夏羽。小さなミミズのような獲物を捕まえた。

ウズラシギ

ウズラシギは4羽の群れが新たに入りました。