日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

こちらのアオバズクも間も無く巣立ち

2018年7月1日(旧暦では2018年5月18日)

先日、お伝えしたアオバズク はまだ巣立っていませんでした。台風の影響で今夜の巣立ちはないでしょう。

近場のアオバズクも 6日前 と比べるとかなり成長して綿毛はほとんどなくなっていました。こちらもいつ巣立ってもおかしくないのですが、強風で今夜はお預けでしょう。

昼間は顔をのぞかせるだけでしたが、夜は、巣の入り口に立ち、全身が見えていました。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

リュウキュウアオバズク

今回は1羽だけのようです。頭を左右に揺らしたり、ひねったりしてこちらを伺っています。

リュウキュウアオバズク

すでに立派な足。

リュウキュウアオバズク

大あくび。

リュウキュウアオバズク

しばらくの間、眠ったりもしました。

リュウキュウアオバズク

夜間は営巣木の下を通る散歩の人をこうやって上から眺めている。

リュウキュウアオバズク

昼間は、顔だけ出していました。

リュウキュウアオバズク

昼間の見張りのオス親は、抱卵期の枝に戻っていた。

リュウキュウアオバズク

メス親は高い木に止まっていた。オスもメスもここ数日と違う場所にいた。