日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

ツバメチドリのコロニー、アカガシラサギ、リュウキュウヨシゴイ、海岸のシギ、チドリほか

May 11, 2022(旧暦では2022年4月11日)

昨年、集団営巣したエリア にことしもツバメチドリが帰ってきました。40つがい80羽ほどが確認されています。すでにペアリングは済んでいるようでしたが、産卵、抱卵はこれからのようです。

雨の降る田んぼではアカガシラサギやリュウキュウヨシゴイなどが活発です。ジャワアカガシラサギもまだ滞在中です。

春の渡りもほぼ終わったので数は少ないですが、海岸にはオオメダイチドリやメダイチドリ、ソリハシシギ、アカアシシギなどが滞在しています。そんな中、なぜかマガンが1羽だけいました。ほとんどワンタッチでどこかへ飛んでいってしまいました。

ツバメチドリ

ことしも繁殖にやってきたツバメチドリ。

ツバメチドリ

7月ごろにはヒナが見られると思います。

アカガシラサギ

島内のどこの田んぼにもいるアカガシラサギ。今年は多いです。

リュウキュウヨシゴイ

リュウキュウヨシゴイのオス。これから繁殖シーズンです。

リュウキュウヨシゴイ

リュウキュウヨシゴイのメス。水路の草むらに巣がありそうな雰囲気でしたが、外からは全く見えないので詳細は分かりません…。

オオメダイチドリ

オオメダイチドリ冬羽。2羽を確認。

メダイチドリ

メダイチドリは十数羽。冬羽の個体ばかりでした。

ダイゼン

ダイゼンも冬羽のまま。

ソリハシシギ

左足に骨折した痕跡がみられるソリハシシギ。

アカアシシギ

アカアシシギは1羽だけ。

キアシシギ

キアシシギも冬羽の個体が多いです。

チュウシャクシギ

チュウシャクシギも冬羽。

キョウジョシギ

キョウジョシギは年中いる気がする…。

マガン

なぜか5月の石垣島にマガンが飛来。しかも海。