日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

今季初のオニアジサシ登場

2020年10月21日(旧暦では2020年9月5日)

今季初となるオニアジサシが飛来しました。石垣島ではこの時季、少数が通過していきます。 沖縄本島では毎年、11月の第1週にオニアジサシが具志干潟に飛来 していました。数は石垣島より沖縄本島の方がでますね。

海岸には、オオメダイチドリやメダイチドリ、シロチドリ、ムナグロ、キョウジョシギなどが群れていました。

石垣島のカワセミは警戒心が強いのですが、きょう、海岸で出会った個体は比較的近くで見ることができました。

田んぼは越冬組のタシギが多く、ヒバリシギやセイタカシギ、アカアシシギなどが滞在中です。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

オニアジサシ

オニアジサシ成鳥冬羽。魚を捕まえた直後なのか、くちばしにウロコがたくさん付着していました。

オニアジサシ

多少こちらも気にするような仕草をしていました。渡ってきたばかりのようです。

オオメダイチドリ / シロチドリ

オオメダイチドリ第1回冬羽(手前)とシロチドリ。

メダイチドリ

メダイチドリ第1回冬羽。

オオメダイチドリ / キョウジョシギ / ムナグロ / メダイチドリ

オオメダイチドリ、メダイチドリ、ムナグロ、キョウジョシギ。

オオメダイチドリ / キョウジョシギ / シロチドリ / ムナグロ / メダイチドリ

オオメダイチドリ、メダイチドリ、ムナグロ、キョウジョシギ、シロチドリの群れですが、右下の方に1羽だけトウネン。

カワセミ

海岸に住むカワセミ成鳥メス。

アオサギ

冬はアオサギがやってきます。写真を撮る機会はあまりないですが、変なアオサギがいないかチェックはかかせません。^^ オオアオサギ来ないかな。

タシギ

田んぼのタシギ幼鳥。車や散歩の人が通っても全く動じない個体でした。