日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

オニアジサシ6羽とズグロカモメ

Nov. 4, 2018(旧暦では2018年9月27日)

具志干潟にオニアジサシが6羽入りました。過去最高タイ記録です。ズグロカモメ1羽に越冬ミサゴも増えてきました。具志干潟にオニアジサシとズグロカモメは、10月末から11月上旬にかけての風物詩です。

オニアジサシは、満潮近くなると具志干潟上空を飛び回り、あちこちでドボンドボンと魚を捕まえていた。ズグロカモメはシオマネキを捕まえているようでした。

増えてきた越冬ミサゴも現れて魚を捕まえていた。

風向きが悪く、飛び込む姿は全て後ろからでした。南風が吹いてくれたらなー。

オニアジサシ

魚を捕まえたオニアジサシ。飛び回りながら呑み込みます。

オニアジサシ

水面をかすめるオニアジサシ。

ズグロカモメ

ズグロカモメは1羽。もう少し増えると思います。

オニアジサシ / ズグロカモメ

オニアジサシとズグロカモメ。

オニアジサシ

このオニアジサシは初列風切の換羽をあと4枚残しています。

オニアジサシ

風向きが悪く、ドボンは全て後ろ向き。狩りは成功。魚をくわえています。

オニアジサシ

飛びながらひとのみ。

オニアジサシ / ズグロカモメ

オニアジサシ5羽とズグロカモメ1羽。もう1羽のオニアジサシは飛び回っており、6羽揃うのは撮れませんでした。

ミサゴ

ミサゴも時折やってきては魚を捕まえていた。

Category: 野鳥