日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

この時期、石垣島で見られるアジサシたち

2020年8月14日(旧暦では2020年6月25日)

石垣島では、7月の終わりごろになるとクロハラアジサシの秋の渡りが始まることによって、夏の間、八重山で繁殖しているオオアジサシ、ベニアジサシ、エリグロアジサシ、コアジサシと合わせて5種類のアジサシたちが観察できます。

もう少し経つとハシブトアジサシもやってきます。石垣島のオニアジサシはもう少し遅れて11月初旬にやってきます。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

オオアジサシ

エリグロアジサシを見ていたら大きなアジサシが着地。オオアジサシでした。

ベニアジサシ

ベニアジサシはエリグロアジサシと同じ場所で繁殖していましたが、巣立ちはエリグロアジサシより少し早いようです。

エリグロアジサシ

巣立ったヒナに餌を運ぶエリグロアジサシ。

エリグロアジサシ

この日、沿岸にやってくるのはエリグロアジサシばかりでした。

コアジサシ

コアジサシはほぼ子育てを終えて、幼鳥たちも自立しています。

クロハラアジサシ

クロハラアジサシは単独でいました。夏羽後期です。

オオアジサシ

オオアジサシは大きくて迫力があります。繁殖を終え、換羽が始まりボロボロです。

コアジサシ

冬羽に変わりつつあるコアジサシ。

クロサギ

クロサギの幼鳥。2羽で親鳥を追っていました。