日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

ハジロクロハラアジサシとクロハラアジサシとオオアジサシの群れ

2020年5月30日(旧暦では2020年閏4月8日)

ハジロクロハラアジサシとクロハラアジサシの群れが沈砂池に飛来していました。合わせて約40羽の群れの中にハジロクロハラアジサシの成鳥夏羽が2羽が交じっていました。

沈砂池を群れでひらひらと飛び回りながら水面の獲物をついばんでいました。有刺鉄線の張り巡らせたフェンスがじゃまなのと逆光気味で条件は悪かったですが、美しい夏羽のハジロクロハラアジサシを久しぶりに見ることができました。

クロハラアジサシはほとんどが成鳥の夏羽でしたが、2羽ほど第1回夏羽も交じっていました。

オオアジサシは海上を40羽以上が飛び回っており、数羽のクロハラアジサシも交じっていました。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

ハジロクロハラアジサシ

夏羽のハジロクロハラアジサシ。

ハジロクロハラアジサシ

電線に止まるハジロクロハラアジサシ。

クロハラアジサシ

クロハラアジサシたちは水面を飛び回り獲物探し。

オオアジサシ

雲の隙間からのぞいた青空をバックにオオアジサシが飛んでくれました。

オオアジサシ

オオアジサシの背面は中間的なグレーです。換羽の状態もよく分かりますね。

クロハラアジサシ

オオアジサシとともに海上を飛び回っていたクロハラアジサシ。

ハジロクロハラアジサシ

ハジロクロハラアジサシが爆弾を落とした!!

ハジロクロハラアジサシ

ハジロクロハラアジサシの背中はかなり黒っぽい灰色です。

クロハラアジサシ / ハジロクロハラアジサシ

ハジロクロハラアジサシ(右)とクロハラアジサシのタンデム飛行。背中の色の違いが分かります。そしてハジロクロハラアジサシの脇や腹などは真っ黒です。

クロハラアジサシ

飛び回るのはただの沈砂池ですが、視界に金網が入らないとなかなかいい雰囲気です。

クロハラアジサシ

数羽交じっていたクロハラアジサシの第1回夏羽。

クロハラアジサシ

1羽だけカメラ目線のクロハラアジサシ。