日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

石垣島の猛禽 カタグロトビ、カンムリワシ、チョウゲンボウ

2019年11月3日(旧暦では2019年10月7日)

石垣島のカタグロトビは順調に繁殖を重ね、現在は約20羽ほどが島内に生息しています。バードウオッチングに行くような田んぼや牧草地にはほとんどいるような状況です。特に朝と夕が出会う確率が高いですね。

カンムリワシも繁殖を終えて田んぼで稲刈りが始まり出したので遭遇する機会が増えています。今季は、昨年同様に幼鳥の数が少ないです。

チョウゲンボウは数が多く。どこにでも現れます。ツメナガセキレイやタヒバリ、キジバトを観察しているとやってきて群れを飛ばしてしまうのがチョウゲンボウです。^^;

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

カタグロトビ

ここのポイントのカタグロトビは、比較的警戒心の少ない個体なので近くで観察できました。^^

カタグロトビ

カタグロトビの真っ赤な目はバードウオッチャーを惹きつけますね。^^

カンムリワシ

稲刈りをしている田んぼにやってきたカンムリワシ。

チョウゲンボウ

チョウゲンボウ成鳥メス。

チョウゲンボウ

畔から獲物を探していた。