日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

沖縄本島のエリグロアジサシとベニアジサシの繁殖

2019年7月23日(二十四節気の大暑、旧暦では2019年6月21日)

沖縄本島への出張ついでに南部のエリグロアジサシとベニアジサシの繁殖地を久しぶりに見てきました。石垣島のコロニーは台風5号で全滅してしまいましたが、沖縄本島のコロニーは被害はなかったようで、孵化後2週間ぐらいのヒナや抱卵中のペアを観察することができました。

ベニアジサシも同じ岩礁で繁殖していますが、観察地点からは岩陰に隠れるので見えませんが、餌運びなどから推測するに少なくとも数ペアは繁殖しているようでした。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

エリグロアジサシ

エリグロアジサシのヒナ(中央)に小魚を運んできた親鳥。

エリグロアジサシ

このペアはまだ抱卵中。

ベニアジサシ

エリグロアジサシのコロニーと同じ岩礁でベニアジサシもコロニーを形成していました。