日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

コノハズク子育て中、アオバズク4巣目の巣立ち

2019年6月26日(旧暦では2019年5月24日)

初めてのポイントでリュウキュウコノハズクが営巣していました。営巣木ははっきりしませんが、オスもメスも巣の外に出ていると言うことはヒナはすでに大きく育っているのかもしれません。

別のコノハズクは「ホッホー、ホッホー」という鳴き声じゃなくて表現しにくい変な声で鳴いて何かを異常に警戒していました。カラスの姿は特に見当たりませんでしたので、ツミか何かでしょうか?

リュウキュウアオバズクは今季4巣目の巣立ちを確認しました。2羽が巣立っていてすでに森の中を飛び回っていました。

6月24日に1羽が巣立った近所のアオバズク は昨夜、3羽全てが巣立ったようです。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

身をかがめて何かを警戒し注視しているリュウキュウコノハズク。右目に黒い斑点があるので個体識別できそうです。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

いつもと違う声で鳴いていた。カラスなんかと比べ物にならない、よほど危ない外敵がいたのだろうか?

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

暗い雑木林で出会ったコノハズク。メスと思われるが「ミャッ、ミャッ」じゃなくて「ホー」という低めの小さな声で鳴いていた。近くに巣立ちビナでもいて私を警戒していたのかな。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

上の個体と一緒にいたコノハズク。こちらがオスと思われます。頭上の木へすっと飛んできた。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

新しいポイントで見つけたアオバズクの巣立ちビナ。巣立って数日が経っているようで自由自在に飛び回っていた。人間への警戒心も多少あった。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

上の個体の親と兄弟。親鳥はオスと思われます。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

近所のアオバズクは、無事に全て巣立ちました。写真には写っていませんがもう1羽が近くにいる3兄弟。親鳥は左がオスで右がメスです。