日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

近所のソリハシセイタカシギ、エリマキシギ、ムネアカタヒバリ

Dec. 7, 2018(二十四節気の大雪、旧暦では2018年11月1日)

この12月、例年になく忙しくなってしまい鳥見にいけません…。近所の三角池や瀬長島、具志干潟を回るぐらいで精一杯。^^;

2週間ほど前に三角池に飛来したソリハシセイタカシギ はまだいました。同じく 三角池のエリマキシギ は2羽が1羽になりましたが、かれこれ1カ月以上の滞在になります。

瀬長島の球場には、ムネアカタヒバリが15羽ほど。 こちらのムネアカタヒバリも1カ月ほど前から 断続的に観察できていますが、日によっては全くいない時もあり、群れ自体は入れ替わっているのかもしれませんね。他のタヒバリの仲間も期待しましたが全てムネアカタヒバリでした。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

三角池のソリハシセイタカシギ幼鳥。

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

ほとんど休む間も無く動き回り採餌しています。

エリマキシギ

2羽いたエリマキシギは1羽になっていた。休憩するときは、コガモの群れに混ざっていた。

ムネアカタヒバリ

ムネアカタヒバリのメス。

ムネアカタヒバリ

ムネアカタヒバリのオス。

ムネアカタヒバリ

こちらもオスかな。

ムネアカタヒバリ

顔のあたりが赤みがかり、くちばしの黄色が目立つ。若い個体か?

ムネアカタヒバリ

ムネアカタヒバリ成鳥オス。

ムネアカタヒバリ

うっすら顔に赤みがある。若いオス?