日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

沖縄本島の冬の小鳥たち

2018年11月30日(旧暦では2018年10月23日)

11月も終わりに近づき、ジョウビタキやビンズイ、タヒバリ、シマアカモズ、ウグイスなど増えてきました。警戒心が強く、写真に収められませんでしたが、シロハラとマミチャジナイも確認しました。ツグミの仲間は、夜、耳を済ましていると姿は見えませんが、鳴き声で渡っているのが分かります。

友人は、アトリも撮影していましたが、私が現場に着いたころには移動したのか見つけられませんでした。

昨年の10月末に見た部分白化のキジバト は全く同じ場所にいました。ここに留鳥としているのか、それともどこかから移動してきたのか…。

ジョウビタキ

ジョウビタキのメス。八重山では多くの個体が越冬しますが、沖縄本島では少ないです。今季は2個体確認。

タヒバリ

タヒバリは 10羽ほどの群れが田んぼにいました。

ビンズイ

ビンズイが決まって入る公園。20羽近くいました。

シマアカモズ

国道沿いの小さな緑地帯にいたシマアカモズ。鳴き声が植え込みから聞こえるので30分ほど待っていたら出てきました。

ウグイス(亜種リュウキュウウグイス、亜種ハシナガウグイス)

ウグイスも増えてきました。自宅前の公園などにも鳴き声はするのですが、姿はなかなか拝めず。

キジバト(亜種リュウキュウキジバト)

部分白化のキジバト。全く同じ場所での再会。通年いるのか、渡ってきたのか。