日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

南城市でサシバの渡り

2018年10月18日(旧暦では2018年9月10日)

先日、わが息子の通う南城市の保育園に運動会の観戦に行ったら、午前中、サシバが結構飛びました。久々の休みだったので午前8時すぎぐらいから保育園の近くでサシバを観察してみました。

到着するとすでに数羽のサシバが舞っていました。曇天から雲が晴れるにつれ、サシバがみやすくなりましたが数が伸びず、約50羽を数えるに終わりました。先日は100羽のタカ柱ができてたんだけどなー。^^;

他には、ハヤブサやチゴハヤブサ、チョウゲンボウ、ミサゴ、ツミなどが現れ久しぶりのタカの渡りを楽しめました。

帰り道、近くの公園に寄ってみるとミゾゴイがいました。気付いた時はかなり近くになってしまいお互いにフリーズ。カメラを向けようと動いたら飛び立って森の中へ消えてしまいました。いかにもミゾゴイが好きそうな環境なので戻ってきてくれるといいのですが…。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

サシバ

一番近くまで寄ってきたサシバの幼鳥。右目が潰れているようです。

チゴハヤブサ / ミサゴ

チゴハヤブサは居ついているのか、ミサゴが通過するたびにアタックしていました。

ツミ / ミサゴ

ツミの幼鳥もミサゴにアタック。

ツミ

ツミの成鳥。渡りではなく居着きの個体とおもわれます。

サシバ

サシバの幼鳥が真上を通過した。

ミサゴ

魚を運びながら飛ぶミサゴ。魚はフエダイの仲間かな?

サシバ

渡らずに急降下するサシバもたくさんいました。明日、渡るのでしょうか。

サシバ

何か獲物を食いながら渡るサシバ。