日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

救助から3日目のアカショウビンのヒナ

2017年8月8日(旧暦では2017年6月17日)

8月6日に落ちているのを見つけて元の巣へ戻したアカショウビンのヒナ3羽 は、 昨日、再び巣から1羽が落ちていて 、迷いながらもそのままにしてきました。やはり、その後が気になるのできょうも確認してきた。

落ちてそのままにしたヒナは、ほとんど同じ場所にいたが、親から餌をもらっているようで元気にしていた。羽を覆っている鞘も割れてきて、アカショウビンらしい赤い羽が見えるようになってきました。^^

昨日は、巣内にいた2羽のヒナも落ちたようでしたが、鳴き声はすれど、姿を探すことはできませんでした。しかし、親鳥は頻繁にやってくるので藪の中で餌はもらえているようです。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

昨日から外にいるヒナは、羽を覆う鞘も弾けてアカショウビンらしくなってきました。^^

少し前にスコールがあったのですが、なんとか無事に斜面で過ごしているようです。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

近くからヒナたちを見守る親鳥。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

木が鬱蒼とした暗い場所なので思うようには撮れませんね。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

このアカショウビンは、通行人が通ると逃げるのですが、しばらくすると帰ってきて同じ枝に止まってはヒナの様子を見ていました。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

しばらくすると雨も止みました。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

来年はもう少し壊れにくい営巣木を探してくれよ。^^;