日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

サンコウチョウ営巣順調

2016年6月5日(二十四節気の芒種、旧暦では2016年5月1日)

先日から観察しているリュウキュウサンコウチョウ、卵が孵化したようです。3羽のヒナに餌運びが見られました。12日ほど前から 巣作りをしていたもう一つのサンコウチョウ も無事に抱卵に入ったようです。^^

アカショウビンは動きなしでよく分かりませんが抱卵しているものと思われます。

ノグチゲラの営巣 は小笠原諸島に旅行に行っている間に巣立ってしまいました。

サンコウチョウ(亜種リュウキュウサンコウチョウ)

抱卵中のサンコウチョウ。EOS-1D X Mark II にて撮影。EOS-1D X より進化しているのが見て取れます。

サンコウチョウ(亜種リュウキュウサンコウチョウ)

同じく抱卵中のサンコウチョウ。EOS-1D X で撮影しました。EOS-1D X Mark II の方が明るく写りますね。また、ノイズも改善されているようです。EOS-1D X Mark II のサイレント撮影は静かに撮れるので営巣などには最適。^^ 通常シャッター音も以前より静かになっています。

サンコウチョウ(亜種リュウキュウサンコウチョウ)

サンコウチョウのオスが大きなジョロウグモを持ってきました。ヒナたちは、こんな大きな餌も食えるようになっています。

サンコウチョウ(亜種リュウキュウサンコウチョウ)

ヒナが糞をするのを待つサンコウチョウのオス。

サンコウチョウ(亜種リュウキュウサンコウチョウ)

ここのサンコウチョウの営巣は、オス3、メス1ぐらいの割合で餌を運んできます。巣作りはほとんどメスが行っていましたが、餌やりはオスもかなり協力的な模様。