日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

ハリオシギ、チュウジシギ、タシギほか(動画あり)

Sept. 18, 2021(旧暦では2021年8月12日)

ハリオシギがここにきて再び増えました。ジシギ15羽の群れの中でハリオシギは5羽でした。ほかはチュウジシギ。すこし離れたエリアの田んぼではタシギが2羽。一番多い越冬組はタシギなのですが、まだ増えませんね。

ほかには、タカブシギやヒバリシギ、トウネン、セイタカシギ、ウズラシギ、コアオアシシギなどが滞在中です。クロハラアジサシやハジロクロハラアジサシもまだとどまっています。

イワミセキレイやヤツガシラ、アカハラダカ、ブッポウソウ、カッコウ、ツツドリなども飛来していますが、どれも写真は撮りにくいですね。^^; ジシギのかける時間を融通すれば多少は写真に収められたかもしれませんが…。

ハリオシギ

今季、一番赤みが強くて美しいハリオシギ幼鳥。

ハリオシギ

上と同個体。ハリオシギの針のような尾羽は細くて短いので伸びをした時に初列風切の隙間から見えますね。

ハリオシギ

上と同個体。

ハリオシギ

別個体のハリオシギ。こちらも幼鳥です。

ハリオシギ

これもまた別個体のハリオシギ幼鳥。

ハリオシギ

ハリオシギ第1回夏羽から第2回冬羽へ。

チュウジシギ

チュウジシギ幼鳥。

チュウジシギ

こちらもチュウジシギ幼鳥。

チュウジシギ

十数羽の群れの中で一番大きかった個体。チュウジシギだと思うけどでかすぎて違和感が…。^^;

チュウジシギ / ハリオシギ

情報量多すぎ…。^^;

ハリオシギ

ハリオシギ幼鳥。

チュウジシギ

チュウジシギ幼鳥。

ハリオシギ

両方ハリオシギ幼鳥。

ハリオシギ

まさかのハリオシギ。とても紛らわしい個体でした。^^;

ハリオシギ

ハリオシギ幼鳥。もうこの時期になると幼鳥しか残っていませんね。

ハリオシギ

ハリオシギ幼鳥。かわいらしい個体です。

タシギ

タシギ幼鳥。きょうの出会いは2個体だけでした。

アオアシシギ

アオアシシギ第1回夏羽から第2回冬羽へ。

コアオアシシギ

コアオアシシギ冬羽。

タカブシギ

タカブシギ幼鳥。

ウズラシギ

ウズラシギ夏羽後期。

ムナグロ

ムナグロ夏羽から冬羽へ。

トウネン

トウネン幼羽後期。

クロハラアジサシ

タウナギを食おうと格闘するクロハラアジサシ。