日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

タマシギ、ベニバト、ルリビタキ、カンムリワシ、アカショウビンほか

2021年4月12日(旧暦では2021年3月1日)

留鳥、渡り鳥ともにぎやかな石垣島です。

タマシギは、あちこちでペアが形成されています。順調な繁殖を期待します。

ジシギはチュウジシギ、タシギと初認しているのでハリオシギを探しますが、なかなか見つかりません。もともと春のジシギは少ないので難しいですね。タシギはぼちぼち通過しています。

牧場のベニバトはオスとメスを確認。たまに農地側に降りますが、牧場側に降りると敷地外からは見えません。^^;

美しいルリビタキのオスが飛来していました。アンパルでは今季初のホウロクシギを確認しました。

田んぼに赤いカルガモを発見。一瞬、アカノドカルガモかと思いましたが、ただ赤いだけのカルガモでした。鉄分が多い水場にでもつかっていたのでしょうか?

アカショウビンは数を順調に増やし、いつもの場所にいつものメンバーが帰ってきています。

タマシギ

タマシギのメス。繁殖期に入り、見る機会が増えてきました。

タマシギ

見難いですが、タマシギのオス(左)とメス。

タシギ

めちゃくちゃ遠かったですが、タシギ2羽。春のジシギは貴重です。

ベニバト

ベニバトのオス。本日は2羽確認。長めの滞在です。

ルリビタキ

ルリビタキのオス。美しくてかわいらしいです。

ルリビタキ

このルリビタキは低いところばかり移動していました。

カンムリワシ

カンムリワシ成鳥。あまり見ない場所にいました。

ホウロクシギ

ホウロクシギ第1回冬羽から夏羽へ。

カルガモ

赤いカルガモ。アカノドカルガモかと驚いた…。^^;

リュウキュウアカショウビン

林道のリュウキュウアカショウビン。メス個体です。