日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

今季初のクロツラヘラサギ、負傷したアカガシラサギ

2020年10月23日(二十四節気の霜降、旧暦では2020年9月7日)

今季初確認のクロツラヘラサギが2羽田んぼで餌探し。散歩の人が通っても気にする様子もありませんでした。

先日から滞在中のアカガシラサギ は翼を負傷したようで飛べません。捕まえようとおもったけど、どんどん草むらに入っていくので諦めました。

中旬ごろからやってきているハシビロガモの写真がやっと撮れました。

田んぼにはムラサキサギやリュウキュウヨシゴイ、タシギ、タマシギ、セイタカシギ、シマアカモズなどが逗留中です。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

クロツラヘラサギ

クロツラヘラサギ成鳥(手前)と幼鳥〜若い個体。土砂降りの中、餌探しに夢中です。

アカガシラサギ

飛べないアカガシラサギ。ハヤブサがやってきたら一番最初の餌食になるでしょう。

ムラサキサギ

雨の中、ムラサキサギ。美しい鳥ですね。

ハシビロガモ

ハシビロガモの幼鳥オス。カルガモ十数羽と一緒に行動していました。

タシギ

冬羽へ換羽が進むタシギの成鳥。

タシギ

タシギ幼鳥。

シマアカモズ

シマアカモズのメス成鳥。9月下旬ごろの渡りのピークを過ぎたので越冬組だけが残っています。

リュウキュウツミ

電線に現れたリュウキュウツミの幼鳥。スズメやシマキンパラはパニックです。