日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

秋の渡り始まる シギ・チドリ11種とアジサシ3種

2020年7月7日(二十四節気の小暑、旧暦では2020年5月17日)

近所の海岸と田んぼで秋の渡りチェック。7月ともなれば、渡り鳥の世界ではすでに秋の移動が始まっています。楽しい季節がやってきましたね!!

海岸では、ツバメチドリやメダイチドリ、シロチドリ、トウネン、イソシギ、ソリハシシギが田んぼでは、タカブシギやヒバリシギ、アオアシシギ、アカアシシギ、コチドリが長旅で疲れた体を休めていました。

また、海岸や岩礁ではベニアジサシやエリグロアジサシ、コアジサシが繁殖しており大変賑やかです。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

ツバメチドリ

ツバメチドリ幼羽から第1回冬羽へ換羽中。河口に水浴びに来ていました。石垣島でもツバメチドリは繁殖しており、おそらく、この個体も石垣島で生まれたものと思われます。

ツバメチドリ

海をバックに飛ぶ、ツバメチドリ成鳥。冬羽への換羽が始まっています。

メダイチドリ

メダイチドリ冬羽へ。

メダイチドリ

上とは別の個体。

トウネン

トウネンは25羽の群れが河口に集まっていた。

ソリハシシギ

ソリハシシギは数羽が水浴びをしたり、獲物を捕まえたりしていた。

シロチドリ

シロチドリのメス。

コチドリ

コチドリのオス。コチドリは結構な数が入っています。

タカブシギ

タカブシギ成鳥。ピカピカの幼鳥が来るのはまだ先です。^^

タカブシギ

タカブシギは田んぼに15羽ほど入りました。

ヒバリシギ

ヒバリシギ成鳥。長旅で羽が擦れていますね。

アオアシシギ

アオアシシギは2カ所合わせて6羽。夏羽から冬羽へ変わりつつあります。

アカアシシギ

単独でやってきてアオアシシギの群れの近くにいたアカアシシギ。

イソシギ

いつも単独のイソシギ。渡りも単独なのかな?

ベニアジサシ

ベニアジサシが営巣する岩礁。写真には20羽ほど写っています。

エリグロアジサシ

砂浜に降りたエリグロアジサシ。

エリグロアジサシ / クロサギ

なぜか繁殖中のクロサギを執拗に攻撃するエリグロアジサシ。

コアジサシ / シロチドリ / メダイチドリ

左からオオメダイチドリ、コアジサシ、シロチドリの大きさ比べ。

コアジサシ

コアジサシも数羽が海岸沿いを訪れていました。もう巣立ってもいいころなので、近いうちにヒナを連れてくることでしょう。