日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

今季初のサルハマシギ

2020年4月10日(旧暦では2020年3月18日)

沖縄本島や与那国島では出ていたので、まだかまだかと待っていた今季初のサルハマシギが石垣島にも飛来しました。田んぼでオジロトウネンと一緒に採餌していた。

近くの河口には、トウネンやハマシギ、シロチドリなど。投網をしている人がいたので数は少なかった。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

サルハマシギ

サルハマシギ夏羽へ換羽中。

サルハマシギ

小さなミミズか赤虫の類をゲット。

サルハマシギ

またまたゲット。さらなる北上に備えて旺盛な食欲を発揮していた。

サルハマシギ

胸の辺りも赤く色づいています。

オジロトウネン

6羽いたオジロトウネンは2羽になっていた。

トウネン

河口にはトウネン。美しい夏羽に変わりつつあります。

ハマシギ

ハマシギはまだ第1回冬羽。長旅で酷使してボロボロです。

シロチドリ

シロチドリのオス。まだまだ冬羽の個体。

タシギ

田んぼには数羽のタシギがいました。